霊場巡りの旅(旧)ブログ

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

長建寺 京都非公開文化財特別公開2018年春

2018年春期京都非公開文化財特別公開が4月27日から5月6日まで開催されています。5月2日、特別公開を行っている長建寺を訪れました。

京阪線中書島駅で下車し、北改札口から外に出ると、駅前に長建寺の石柱がありました。Googleマップを頼りに長建寺に向かいましたが、道順は単純で迷うことなくお寺に到着しました。

入口で拝観料800円を払い、境内を奥に進み、本堂に上がります。ここでボランティアガイドから案内がありました。中央厨子の中には本尊の八臂弁財天、その前に宇賀神将像が祀られています。宇賀神はとぐろを巻いていますが、鏡餅のルーツという説があるそうです。またこちらの宇賀神像の顔は豊臣秀吉に似ていると言われているそうで、後で確認したところ、確かに似ているような気がしました。

左壇には弘法大師像が祀られており、鎌倉時代作らしく良いお顔をされていました。右壇には観音菩薩立像、見ざる言わざる聞かざるの猿の像を前にした青面金剛立像もあり、珍しいなと思いました。

左壇の前には、小さな像ですが、宇賀神像(二体)、役行者像、弁財天像があり、特に一体の宇賀神像はお稲荷さんのようにきつねと一緒に祀られており、宇賀神と荼枳尼天が習合したもののようで初めて見ました。

今回の長建寺は、一つのお寺としては今まで一番多く宇賀神像を拝観したお寺でした。


タグ

西本願寺 朝のお勤め

本願寺の宿「聞法会館」に宿泊し、5月2日に朝のお勤めに参加しました。朝のお勤めについては今回の記事、それ以外のことは記事「西本願寺の宿 聞法会館に宿泊しました」に書いています。

宿坊に泊まった時の楽しみは朝のお勤めに参加することです。本願寺では朝のお勤めのことを「晨朝(じんじょう)」、「おあさじ」と呼びます。朝のお勤めの開始時刻は聞法会館の部屋に置かれている案内に書かれていますが、私が確認した時は、1年を通して、全て午前5時半開門、午前6時開始でした。

聞法会館は西本願寺の隣りにありますので、午前5時45分ぐらいに宿を出ました。阿弥陀堂門から本願寺の境内に入ると、朝のお勤めに参加するだろうと思われる数名の方が境内を歩きながら阿弥陀堂に向かっていたので、私も続いて阿弥陀堂に入りました。



堂内に入ると、畳の上に着座して朝のお勤めが始まるのを待つ人々が目に入り、また後方には足の不自由の方用の椅子が用意されていました。私も着座して待っていると、「朝のお勤めで使用する教本を持っていない人は後ろに貸出用のものがあります」とアナウンスがありました。教本は絶対に借りたほうが良いです。何を言っているのか分からないお経をただ聞いているのは苦痛ですが、教本があれば、少なくとも何を読んでいるか分かり、一緒に唱えることもできます。

阿弥陀堂での朝のお勤めが終了すると、全員が御影堂に移動し、そこで朝のお勤めをしました。昨日、聞法会館での法話で「お寺に行って、南無阿弥陀仏と唱えるのは、阿弥陀如来の本願を感じ、感謝すること」と受け取りましたので、今までとは違う気持ちで「南無阿弥陀仏」と唱えることができました。

朝のお勤めは約1時間で終了しました。本願寺の朝のお勤めは誰でも自由に参加できますので、京都駅周辺に宿泊される方は参加してみてはどうでしょうか。朝のお勤めから始まる一日は印象に残る一日となることでしょう。
タグ

西本願寺の宿 聞法会館に宿泊しました

5月1日に宿泊するホテルを楽天トラベルで探していると、本願寺の聞法会館に空きがありましたので、早速予約をしました。そして、当日はJR京都駅から歩いて、聞法会館へ。入口を入ると向かって左側に受付があるので、そこでチェックインを済ませ、鍵をもらい、部屋へ移動しました。今回泊まった部屋は和室です(洋室もあります)。



宿坊の場合、浴衣、洗面用具一式が用意されていないこともありますが、聞法会館は準備されていますので、それらを持ってくる必要はありません。部屋には浴室がありますが、地下一階に大浴場があり、お薦めです(16時から22時まで)。また地下一階には「京料理 矢尾定」があり、今回はそこで夕食をいただきました。注文したのは、ふじ御膳(1890円)です。お寺に宿泊すると、肉よりも野菜中心の料理を食べたくなりますね。味はとても美味しかったです。



19時から法話があります(参加は自由)。今回印象に残った話は、多くの人はお寺とは仏様に自分のお願い事を聞いてもらう場所と思っているが、浄土真宗では、お寺とは仏様の願いを聞く場所であるという話です。阿弥陀如来は菩薩時代に南無阿弥陀仏と唱える全ての者を極楽浄土に往生させるという本願を立て、如来となりました。お寺に行って、南無阿弥陀仏と唱えるのは、その本願を感じ、感謝することなのだと思いました。

朝のお勤め(参加自由)が午前6時からあるので、早く就寝し、朝のお勤めに参加しました。朝のお勤めに関しては別の記事(西本願寺 朝のお勤め)で書きたいと思います。朝のお勤めから戻り、しばらくした後、一階の受付でチェックアウトを済ませ、聞法会館を後にしました。

聞法会館は自由参加ですが夕方の法話、朝のお勤めがある以外は普通の旅館となんら変わりありませんので、お寺好きの方はもちろん、いつもとは少し違うことを体験したい方にもお薦めな宿です。
カテゴリ
タグ
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.