武相薬師霊場のカテゴリ記事一覧

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

カテゴリ:武相薬師霊場

  • 2010/05/05武相薬師霊場

    訪問日:平成22年5月2日恩田薬師堂は恩田駅から近かったですが、福昌寺は結構、距離がありました。しかし、道は分かり易く、迷うことなく、到着することが出来ました。十七番札所の安全寺と同じように福昌寺でも参道の入口に「不許葷酒入山門」と書かれた石柱があり、禅宗のお寺だと分かりました。境内には立派な稲荷社もあり、伏見稲荷から勧請され、近隣の人々から「おとみ稲荷」として親しまれているそうです。開帳塔婆に触れ、...

    記事を読む

  • 2010/05/04武相薬師霊場

    訪問日:平成22年5月2日子どもの国線「恩田駅」で下車しました。恩田薬師堂は駅から近く、駅のホームからも見ることができます。開帳塔婆に触れ、お堂に上がると立派な仏像が安置されているのが目に入りました。一番左と右には十二神将が六体ずつ祀られていました。十二神将像は小さな像である場合が多いですが、こちらは像高が80センチほどあり、とても立派でした。そして、中央には薬師三尊像。薬師如来立像は、如来らしいとても...

    記事を読む

  • 2010/05/04武相薬師霊場

    訪問日:平成22年5月2日宝塔院から萬蔵寺もそれほど距離はありません。萬蔵寺に到着して驚いたのは立派な仁王門があることです。横浜市内にあるお寺でこのような大きな仁王門があるお寺はそんなにないと思います。石段を上って仁王門のところまで行き、仁王さんを拝観しましたが、仁王さんも立派です。境内を奥に進むとお地蔵さんの像がありました。こちらのお地蔵さん、左手に持っている如意宝珠がやたらと大きく、とてもユニーク...

    記事を読む

武相寅歳薬師如来霊場 十四番・福昌寺

訪問日:平成22年5月2日
恩田薬師堂は恩田駅から近かったですが、福昌寺は結構、距離がありました。しかし、道は分かり易く、迷うことなく、到着することが出来ました。

十七番札所の安全寺と同じように福昌寺でも参道の入口に「不許葷酒入山門」と書かれた石柱があり、禅宗のお寺だと分かりました。

境内には立派な稲荷社もあり、伏見稲荷から勧請され、近隣の人々から「おとみ稲荷」として親しまれているそうです。

開帳塔婆に触れ、堂内に上がると中央に厨子の中に薬師三尊像が祀られていました。その後ろに扉の閉じた厨子があったので、お堂のおられた方に尋ねると釈迦如来像だそうで、特に秘仏ではないそうです。

お参りが終わった後、接待所でお茶などを頂き、次のお寺へ向かいました。


カテゴリ
タグ

武相寅歳薬師如来霊場 十五番・恩田薬師堂

訪問日:平成22年5月2日
子どもの国線「恩田駅」で下車しました。恩田薬師堂は駅から近く、駅のホームからも見ることができます。

開帳塔婆に触れ、お堂に上がると立派な仏像が安置されているのが目に入りました。一番左と右には十二神将が六体ずつ祀られていました。十二神将像は小さな像である場合が多いですが、こちらは像高が80センチほどあり、とても立派でした。

そして、中央には薬師三尊像。薬師如来立像は、如来らしいとても穏やかなお顔をされており、着座して、じっくり語り合いたい仏様でした。

案内によると「1103年に円勢・長円が造立の仁和寺薬師如来坐像などに近く、平安時代後期と考えるのが妥当である」と横浜市教育委員会文化財課から調査報告があったそうです。

お堂におられた方に質問すると熱心に答えて頂き、恩田薬師堂が本当に好きなんだと感じました。

境内には横浜市から名木古木の指定を受けたムクロジの木があり、果実は石けんとして利用したり、羽子板の羽のおもりとして使うことができるなど、色々教えてもらいました。

仏像に関しては、野津田薬師堂と恩田薬師堂の像が武相薬師霊場の中では一番良いと思います。


カテゴリ
タグ

武相寅歳薬師如来霊場 四番・萬蔵寺

訪問日:平成22年5月2日
宝塔院から萬蔵寺もそれほど距離はありません。萬蔵寺に到着して驚いたのは立派な仁王門があることです。横浜市内にあるお寺でこのような大きな仁王門があるお寺はそんなにないと思います。



石段を上って仁王門のところまで行き、仁王さんを拝観しましたが、仁王さんも立派です。境内を奥に進むとお地蔵さんの像がありました。こちらのお地蔵さん、左手に持っている如意宝珠がやたらと大きく、とてもユニークな御姿でした。



更に進むとお堂の入口に出て、開帳塔婆は石段の下にあります。ですので、開帳塔婆には後から触れることにして、結縁綱にのみ触れて入堂しました。

中央に厨子に入った薬師如来立像、その左に二体のお地蔵様、右に一体のお地蔵様が祀られていました。薬師如来と地蔵菩薩を祀るお堂のようです。

お参りが終わった後、石段を下って開帳塔婆に触れ、接待所でお茶などを頂きました。


カテゴリ
タグ
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.