浅草寺で淡島明神像を拝観した後、地下鉄に乗り、上野に移動しました。清水観音堂に到着し、お堂の正面から堂内を見るといつもは閉じられている厨子が開かれており、参拝者の方々が近くでお参りをしていました。早速、堂内に入り、その列に並びました。

まず堂内左側には聖観音像が祀られていました。外陣からは何度もお参りしていますが、聖観音像が祀られているのは気づきませんでした。そして、二十八部衆。でも、閻魔大王や不動明王など二十八部衆でない仏様も祀られていました。

中央の厨子に近づくとお前立ちの千手観音様がいらっしゃいました。そのお顔を見た時、なんて素晴らしいお顔だろうと思いました。外陣からと内陣からでは距離にしたら少しの違いでしょうが、外陣から拝観していた時には分かりませんでした。

厨子の前で開帳されている御本尊様にお参り。お顔などはあまりよく分かりませんでしたが、御本尊の千手観音像の御姿を拝観できただけでもありがたいですね。

その隣には勝軍地蔵像。私は勝軍地蔵という仏様がとても好きです。普段は優しいお地蔵さんも怒る時には怒り、でも、お顔は忿怒ではなく、優しさを感じられる点などに惹かれるのかもしれません。

勝軍地蔵像も外陣から拝観するのと内陣で拝観するのは違って感じました。像の前で何度も「格好いいな、格好いいな」と言ってしまいました。

右側に祀られている二十八部衆、堂内右側の子育て観音様にお参りして堂内の仏様に一通りお参りが済むと、早速、列に並び直し、二度目のお参りをしました。

上野公園を訪れた際には毎回清水観音堂でお参りしていますが、今回の訪問でますます清水観音堂が好きになりました。
タグ