本日は京都で非公開文化財特別公開のお寺をお寺巡り友達の方々と一緒にめぐりました。
訪れたお寺は順に
上徳寺、平等寺、佛光寺、大行寺、大蓮寺、西方寺、妙法院です。

上徳寺では、快慶作の阿弥陀三尊像が印象に残りました。また、世継地蔵尊も印象的でした。

平等寺では、本尊の薬師如来立像が良かったですが、本堂内に予想よりも様々な仏像が祀られていたのも印象に残りました。テレビ見仏記でおなじみの憤怒の大黒天様もいらっしゃいました。

佛光寺では、七高僧木像が印象に残りました。浄土真宗のお寺を訪れることはあまりないので、七高僧自体知りませんでした。

大行寺では、法眼時代の快慶作・阿弥陀如来像を拝観できました。また、仏足石があり、仏足石には四種類あることを知りました。

大蓮寺、西方寺は昨年も訪れましたが、大蓮寺では、十夜法要でご開帳されている阿弥陀如来御腹仏も拝観でき、西方寺では、修復された豊臣秀吉像を拝観できました。

妙法院は以前から訪れたかったお寺で、国宝の庫裏、ポルトガル国王から秀吉への信書を拝観でき、普賢堂で普賢菩薩にお参りすることができました。

お寺巡り終了後、今月できたばかりの京都・坊主BARに行きました。カウンター席でなく、テーブル席に座ったので、マスターと話すことができず、悔いが残る訪問となってしまったのは残念でした。
タグ