本日は豊川稲荷東京別院の写経会の日に参加しました。写経会では、ひろさちやさんの「一方的な解釈戒め」という記事を紹介してくれました。

中国の古典「淮南子」に次のような寓話があります。
 老人の馬が逃げ出してしまいました。近所の人はその不幸に同情しますが、老人は「これが福にならぬともかぎらぬ」と言います。案の定、逃げた馬は駿馬を連れて戻って来ました。

 人々はお祝いを言いますが、「これが禍になるかもしれぬ」と言います。すると、老人の息子が落馬して足の骨を折りました。人々はその不幸を慰めますが、老人は「これが福になるかもしれぬ」と言います。

 その一年後、戦争が起こり、若者たちの大勢が戦死しました。しかし、老人の息子は足が悪かったので徴兵されず、無事でした。

この寓話から「人事万事塞翁が馬」といったことわざができました。このことわざを聞くと、たいていの日本人は「苦は楽の種、楽は苦の種」を思い浮かべます。現在の苦しみはやがて将来の楽になる。逆に現在の楽はいつまでも続くものではない。やがて苦になると解釈します。

しかし、足の骨を折った者は生涯そのままです。足の骨を折らずに戦死しないほうがもっと良いのです。

(ひろさちやさんは)この寓話を「あらゆるものを一方的に解釈するな」と解釈します。私たちは骨を折ったことを不幸と見ます。でも、それは一方的な見方で、必ず良い面もあるのです。当人にはその時点においては良い面が見えませんが、かといってマイナスの面だけを見るのはおかしいのです。マイナスの面もあれば、必ずプラスの面もあると信じたほうが良いのです。
カテゴリ
タグ