唐招提寺を訪れたならば、やはり、薬師寺にも訪れたくなります。北受付で拝観料を払い、境内に入りました。

まずは東院堂です。国宝の聖観世音菩薩像が祀られていることで有名です。但し、今は奈良国立博物館の大遣唐使展に出展されているので御分身が安置されています。当然のことながら、素人の私には御分身と本尊の違いなど分かるわけがなく、御分身も気品あふれる美しい像でした。

また、観音像を囲むように祀られていた四天王像が格好良かったです。鎌倉時代作だそうで、天部は鎌倉時代の力強い像が好きです。また、左側に不空成就如来、宝生如来、右側に阿弥陀如来、あしゅく如来像が祀られていました。多分、本来は東塔に祀られている仏様だと思います。

回廊を歩き、中門をくぐると東塔特別開扉です。基壇上より初層内陣を拝観することができました。立派な心柱があり、また鏡が置かれており、天井に描かれた絵(天井絵)を鏡によって、見えるようになっていました。



次は西塔です。東塔は中に入ることはできませんでしたが、西塔は入ることができました。四方向にお釈迦様の成道像、初転法輪像、涅槃像、そして、弥勒如来像が安置されていました。さすがに西塔内は綺麗で、東塔も創建当時はこのような感じだったんだろうなと思いました。



次は金堂に行きました。こちらには有名な薬師三尊像が祀られています。日光、月光菩薩像にお会いするのは東京国立博物館で開催された薬師寺展以来となりますが、両像共に変わらぬ美しさでした。薬師如来像はとてもたくましく感じます。やはり、薬師如来像あっての日光、月光菩薩像だと思います。

次は大講堂です。こちらには弥勒三尊像(弥勒如来、法苑林菩薩[ほうおんりんぼさつ]、大妙相菩薩[だいみょうそうぼさつ])が祀られています。弥勒三尊はあまりなじみがない三尊像ですが、大切な三尊像だと思います。
裏には、仏足石が中心となり、その左右に十大弟子像が祀られていました。元々はこのような祀り方が最初だったのだろうと思いました。

そして最後は修学旅行の学生に対する法話を一緒に聞きました。薬師寺の法話は冗談を交えて話をしていますが、内容は為になることを話されていますので、学生相手だと思わず、拝聴するのが良いと思います。法話の中の「平城遷都1300年の年に奈良に訪れることができた御縁に感謝しましょう」という言葉は正にその通りだと思いました。
タグ