訪問日:平成22年5月2日
東急田園都市線つくし野駅で下車し、西口から歩いて向かいました。福寿院は旧小机領三十三観音めぐりで二年前に訪れていますので、迷うことなく到着することが出来ました。

石段を上り切ると観音めぐりで訪れた時とは別のお堂の前に開帳塔婆が立っていましたので、そちらのお堂に上がりました。





中央に扉の閉じた厨子があり、その前に厨子に入った薬師如来坐像が祀られていました。閉じられた厨子の脇には、弘法大師像と不動三尊像が安置されていました。

御朱印を頂く時に閉ざされた厨子の中には何の仏様が祀られているのかを尋ねると不動明王だそうです。

接待所でお茶を頂いた後、子歳観音様が祀られているお堂に行き、観音様にお参りをしました。
カテゴリ
タグ