訪問日:平成22年4月24日
五番札所の大蔵寺から歩いて行きました。多分、武相寅歳薬師霊場の中で一番小さなお堂ではないかと思います。

お堂に上がってお参りした後、お堂におられた方にお話を伺いました。
元々お寺であったが、衰退して、小さなお堂だけになったのかと思いましたが、そうではなく、今よりも上の場所にもっと小さなお堂があり、そこに薬師如来像が祀られていたそうです。

今のお堂はどこかのお寺が管理しているのではなく、地域の人々に守られているそうです。
「深い知識がなく、お参りに来た人に色々と教えてもらっている」と謙遜しておっしゃっていましたが、一番大事なのは知識ではなく、信仰心だと思います。いつまでも川和薬師堂を大切に守って欲しいと思います。


カテゴリ
タグ