訪問日:平成22年4月17日
自性院には七番札所の正覚寺から歴博通りを南に下って歩いていると赤いのぼり旗があり、そばにあった石段を上ると自性院の山門が見えました。



山門から参道を歩いて本堂を目指しますが、途中に修行大師像があり、自性院が真言宗のお寺であると認識しました。

開帳塔婆に触れ、本堂に上がると中央に薬師如来立像が祀られていました。薬師様はライトアップされており、まさに御開帳中の主人公という感じでした。

一方、その主人公の薬師如来像の後ろに隠れたように祀られている仏様がいました。正面からは見えませんので横に移動すると、お不動さんでした。本来は御本尊である不動明王像が主人公でしょうが、御開帳期間だけは完全に薬師如来像が主人公でした。


タグ