訪問日:平成22年4月17日
九番の慈眼寺はセンター北駅から近かったですが、駅の反対側にある大善寺は駅から結構遠いです。「途中で迷うかな」と思っていましたが、迷うことなく、お寺に到着できました。

山門から境内に入り、手を清めようと水屋に行くと水が湧き水だと書いてありました。水屋の水が湧き水だとは珍しいですね。

お堂に上がるとお寺の方が「お薬師様はこちらです」と右壇の方に案内してくれました。薬師如来像は薬壷の蓋(ふた)の部分が大きく、よって薬壷というよりも、塔を持っているような感じを受けました。両脇には三十三観音霊場の観音様の写し像が祀られていました。後でお寺の方に尋ねると西国三十三所の観音様とのことです。また、薬師像が石の上に安置されていることも教えてもらいました。これは教えてもらうまで気づきませんでした。

お薬師さんにお参りした後、御朱印を頂きましたが、頂く時に鐘を叩いてくれました。また、厄難消除のお札も頂き、とても有り難かったです。

正面には浄土宗のお寺らしく、阿弥陀三尊像が祀られていました。その脇に更に像があったのですが分からなかったので尋ねると、善導大師と法然上人だそうです。左壇には聖徳太子像が祀られていました。

お参りが終わった後、接待として、甘茶を頂きました。大善寺で作った甘茶だそうでとてもおいしかったです。

大善寺はお寺の方がおられ、説明にも丁寧に答えて頂き、良いお参りが出来ました。案内によると準秩父観音の札所でもあるそうで、午年にまた訪れようと思います。




追記
ネットで薬師像の画像を見つけましたので、以下に紹介します。薬壷が塔のように見えませんか。


タグ