訪問日:平成22年4月11日
お寺に到着すると横浜七福神と書かれた看板があり、参道に福禄寿の石像が祀られていました。参道の先には仁王門があり、仁王門をくぐって境内に入りました。

本堂では法事がおこなわれておりましたが、左側を見ると多宝塔(薬王殿)があり、そこに開帳塔婆が立っていましたので、そちらに行きました。

堂内を拝観すると中央に薬師如来像が祀られていましたが、よく見ると向かって右側の如来像も結縁綱とつながっていました。ということは、札所本尊の薬師如来像が二体あるということでしょうか。

日光、月光菩薩も安置されていましたが、それよりもなぜかたくさん安置されていた閻魔像が気になりました。また右側には奪衣婆像もありました。


カテゴリ
タグ