本日から旧小机領三十三観音を巡り始めました。旧小机領三十三観音は、横浜市・川崎市麻生区・町田市にある寺院から構成されており、12年に一度の子歳の春にだけご本尊が開帳されます。

巡ろうかどうか迷っていたのですが、巡って正解でした。とても満足できる巡礼ができました。旧小机領三十三観音のキーワードは「出会い」だと思いました。ご本尊が開帳されていますので、観音様との出会い、各寺院には接待所が用意されていますので、お寺の方との出会いがあります。今日巡って、近くにこんな素晴らしい霊場があったのか感じました。お寺めぐりの楽しさはお寺の大小に関係ないと改めて思いました。すっかり観光寺化し、形だけの宗教行事を行っている大寺院より、小さくてもしっかりとした宗教行事を行っているお寺の方が好感が持てます。
タグ