月刊致知12月号に掲載されている札幌市の円山動物園に勤務する北川憲司さんの「世界に変化を求めるならば、まず自らがその変化になれ」より。

ガンジーは「善きことはカタツムリの速度で進む」と述べています。若い頃は、とかくスピードばかりを求めていたこともありましたが、最近になってようやく、正しいこと、善いことというのは、ゆっくりと進んでいくものなんだということが分かってきました。

「世界に変化を求めるならば、まず自らがその変化になれ」、これもガンジーの言葉ですが、評論家になるよりも、自分が勇気を持ってそこへ飛び込んでいく。一人の強固な志は、全世界をも動かす力を備えている。そのことを信じて、一歩一歩、着実に前に向かって進んでいくだけです。

***

「善きことはカタツムリの速度で進む」、この言葉を読んで、スピードばかりを求めていた自分に気づきました。
カテゴリ
タグ