大阪を代表する稲荷神社はどこでしょうか。私は玉造稲荷神社だと思います。以前から訪れたいと思っていましたが、今回、初めて訪れることができました。

大阪環状線玉造駅から歩いていくと少し迷いましたが無事到着しました。境内への石段を登っていると玉造黒門越瓜(たまつくりくろもんしろうり)の案内がありました。江戸時代、この辺りで良質な瓜が取れ、その瓜を売る市場は大変賑わったそうです。明治時代になると次第に玉造周辺で瓜が作られなくなりましたが、平成14年から再び作られ始め、「くろもんちゃん」というキャラクターもいます。



石段を登り切り、境内に入って辺りを見渡すと豊臣家奉納鳥居がありました。この鳥居は豊臣秀頼が1603年に奉納したものです。大阪夏の陣、第二次世界大戦を乗り越えてきましたが、平成7年の阪神・淡路大震災により基礎に損傷を生じ、その役目を終えました。



拝殿でお参りした後、末社である厳島神社、万慶稲荷神社、新山稲荷神社、胞衣塚大明神にお参りをしました。厳島神社の隣には白龍池があり、良い雰囲気でした。


拝殿

境内摂社
タグ