「いまの一当はむかしの百不当の力なり、百不当の一老なり」
は、道元禅師の言葉です。
私なりに現代文に訳すと、以下のようになります。
「今、手に入れた成功は、これまでに数多く挑戦して成功しなかった時に蓄えられた力によるものである。その力が今ここに老熟したのである」

ある事柄がうまくいかなくとも、そこから学ぶことが大切です。その学んだものが養分となって、花が開くことが成功したとなります。逆に言うと失敗してもそこから学ばなければ、何度挑戦しようとも成功することはありません。

また、花は必ず開きますが、いつ開くかは分かりません。それでも努力をしなければ、決して花が咲くことはありません。
カテゴリ
タグ