浅草寺の後は曹源寺を訪れました。曹源寺はかっぱ寺として有名です。事前に予約をしているとかっぱ関連の寺宝を拝観することができます。

庫裏で訪問したことを告げるとお寺の方がお堂まで案内してくれました。お堂の中に入ると、中央に本尊の河童大明神が描かれた掛け軸が祀られていました。
波に乗る(時勢の波に乗る)立像(立ち上る)で、左手に財宝袋を持ち、右手で客と福を招く縁起の良いお姿です。

またお堂の天井には手塚治虫や水木しげる等の漫画家の方々が描かれた河童の絵が絵天井として飾られていました。

手塚治虫の河童の絵
手塚治虫の河童の絵

水木しげるの河童の絵
水木しげるの河童の絵

かっぱの手のミイラもありましたが、想像より小さな手でした。元々お寺にあったものではなく、檀家の方がお寺に納めたものだそうです。
お寺の方の説明を聞きながら寺宝を拝観しましたが、とても為になりました。お寺の方に聞いたところ、境内に入ってすぐにあった「ぎーちゃん」は、先々代の住職の名前にちなんでつけられたそうです。

お寺の周辺にもいくつかのかっぱの像があり、この辺りは歩いていて本当に楽しい場所です。
タグ