少し前に「映画『空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎』を初日に見に行きました」という記事を書き、その中で、中国語版も上映して欲しいと書きましたが、同じような要望がたくさんあったようで、「映画『空海 ―KU-KAI― 』中国語インターナショナル版の上映決定」というニュースが昨日あり、3月24日(土)より全国19劇場にて、インターナショナル版(中国語音声/日本語字幕版)の上映が開始とのことです。19劇場はリンク先に記載されています。

是非、見に行きたいと思います。ただ、記事で気になった点が一つ。

中国語吹替えキャストにも強いこだわりを持っており、アフレコには約5ヶ月を費やし制作。染谷将太が演じた空海の吹替えを担当した楊天翔(ヤン・ティエンシアン)は染谷の声色とそっくり! 日本人特有のなまりや言い回しなどの細かい表現にもこだわった。阿部寛が演じた阿倍仲麻呂も50人以上の候補者から選び抜いたという、並々ならぬ熱意が込められたインターナショナル版に期待が高まる。


と書かれており、染谷将太や阿部寛は自身が中国語を喋っていたのかと思っていましたが、違うのですかね。
カテゴリ
タグ