本堂で運慶仏の解説を聞き、本堂の仏様にお参りした後、収蔵庫に移動。中に入ると、5体の運慶仏が目に入りました。私が浄楽寺を訪れたのは随分前ですので、以前との比較は出来ませんが、綺麗な収蔵庫で、「価値ある尊像を後世に残すために必要な修繕」という目的は達成できていると思いました。

法要中、自分の名前を読み上げていただき、改めて、浄楽寺の運慶仏と御縁が結ばれたと感じました。法要後、運慶仏をゆっくり拝観。私は一般に如来像よりも菩薩、明王、天像のほうが好きですが、浄楽寺の運慶仏の中では、阿弥陀如来像が一番好きです。法要中もずっとお顔を眺めていましたが、本当に素敵な仏像だと感じます。法要中は座って下から見上げるような形になり、浄楽寺の阿弥陀如来像は下から見上げた時がやはり一番素晴らしいと思います。今回御縁ができたので、今後は一年に一度は会いに来たいなと思います。

※収蔵庫を出て帰る時、運慶まんじゅうをいただきました。家に帰ってから食べると(予想外に?)美味しかったです。御開帳に訪れた時は購入をお勧めします。
タグ