今日、インターネットで調べ物をしていると、
1001体の観音立像、国宝に 京都・三十三間堂
という記事が目に飛び込んできました。

文化審議会(馬渕明子会長)は9日、三十三間堂(京都市東山区)の1001体に及ぶ千手観音立像を重要文化財から国宝に格上げするよう、林芳正文部科学相に答申した。千手観音像は、平安時代後期の創建時(1164年)の124体と、鎌倉時代の焼失後に制作された観音像などから成る大群像。1973年度に始まった全観音像の保存修理は、重文の彫刻1件の修理として過去最長を記録。45年間に及ぶ作業が昨年末に終了したのを機に国宝にするよう求めた。


正直、もうとっくに国宝になっているのかと思っていましたが、
(国宝)中尊の丈六の千手観音坐像、風神・雷神、二十八部衆
(重要文化財)千体の千手観音立像
とのことです。

国宝になる記念に何かイベントをやって欲しいですね。
江戸時代、東京にも三十三間堂があったので、東京国立博物館で三十三間堂の堂内を再現して欲しいです。また、京都に訪れることが出来ない人もいますので、日本各地でイベントを開催し、一人でも多くの人に観音立像を拝観して欲しいとも思います。
カテゴリ
タグ