須磨寺では、2月18日から2月24日まで、秘仏のご本尊が御開帳されていますので、昨日(2/20)訪れました。

JR須磨駅で下車し、しばらく歩くと須磨寺に到着しました。
早速、本堂に行くと、結縁の金剛線が目に入り、
「この金剛線は御本尊様の御手とつながっております。この機会に御本尊様との御縁をお結び下さい」
とありましたので、綱を握り、御本尊様と御縁を結びました。

本堂右側から中に入れるようになっていましたので、塗香(ずこう)で身を清めてから、中へ。

中に入ると、中央に聖観音坐像、向かって右に不動明立像、左に毘沙門天立像が祀られていました。須磨寺には何度か訪れていますが、いつもお堂の外からの拝観でしたので、お堂の中に入れ、ご本尊も拝観でき、感動です。

堂内にはお寺の方がおられ、観音様の光背に五体の化仏があったので、質問したところ、五智如来だそうです。

また、不動、毘沙門天を脇侍に置くのは天台様式で、真言宗の須磨寺で何故そのような置き方は不思議だったのですが、須磨寺は一時、天台宗の時もあったそうです。

特別開帳といってもお金を取らず、無料でご本尊を拝観でき、源平合戦の史跡も豊富な須磨寺は良いお寺だと改めて思いました。これからも機会があれば、訪れたいと思います。


タグ