満願寺の次は、神戸市北区にある無動寺を訪れました。本堂は現在工事中で、「拝観希望のかたはボタンを押して下さい」の旨が書かれた案内がありましたので、ベルを押すと、堂内からお寺の方が出てこられ、堂内で拝観料200円を払いました。

堂内奥に移動すると、中央に仏像群が祀られていました。やはり、何と言っても、中央に位置する、丈六の大日如来像に目がいきます。大日如来は密教では最も重要な仏で、そのことが分かり易く伝わるよう、大きく造ったのだと思います。

大日如来像の前には不動明王坐像が祀られていました。我々が拝観中にもう一組の拝観の方々が来られ、その人が「この不動明王像は御前立のように祀られる仏像ではない。廃仏毀釈で無くなったお寺の本尊だったのがこちらに移されたのではないか」と言っていましたが、そのとおり、大日如来像に比べると小さいですが、感じるパワーは引けをとらない像でした。

中央の大日如来、不動明王像の向かって右側には、阿弥陀如来像が二体、左側には、十一面観音、地蔵菩薩、釈迦如来像が祀られていました。中央の二体に意識が行きがちですが、両脇の仏像もよく見ると、それぞれが力強い像です。

丈六の大日如来像だけでも素晴らしいですが、周りを囲む像があることにより、全体で更に力強さを感じました。


タグ