本日、4月27日から5月19日まで両国の回向院で開催されている善光寺出開帳に行って来ました。
善光寺の出開帳は江戸時代とても人気があり、今回は戦後初めての出開帳で、東日本大震災で亡くなられた方の供養、復興支援を目的として、開催されています。

回向院に到着すると、受付の列に並び、参拝料千円、お戒壇巡り料五百円を払って、境内に入りました。

そして、早速、回向柱に触れ、善光寺如来様と結縁です。
回向柱は「善の綱」を通して、善光寺如来仏と繋がっていますので、回向柱に触れることは仏様と御縁を結んだことになります。



次は念仏堂に行くと、善光寺如来仏が祀られていました。
一つの光背に阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩が収まっている独特の像です。
東京で、善光寺如来とお会いできるのは、本当に有難いですね。

次は二階にある、「祈りの間」に移動しました。こちらには、
・陸前高田の松で造立された「おやこ地蔵尊」
・津波の被害に遭い、がれきの中から発見された、陸前高田市金剛寺の如意輪観音像
・同じく、がれきの中から発見された、陸前高田市要害観音堂の聖観音像
などが祀られていました。

祀られている中では、金剛寺の如意輪観音像が印象に残りました。
お寺では長年秘仏だったそうで、そのためか、お顔は被災されたとは思えないぐらい、綺麗に感じました。

しかし、近くに寄ると、手などが新しくなっており、被災されたのを実感しました。
また、観音像はお顔を左下に向けており、像の向かって右側に座り、そのお顔を見ていると、悲しみをこらえているような表情に感じました。

次は「善光寺出品文化財」を拝観。
江戸時代の出開帳では、本多善光夫妻と子息の三像、涅槃釈迦像も善光寺如来像と一緒に出開帳されていたそうで、今回もこちらで祀られていました。

以上を拝観した時、時間が午後1時10分くらいでしたので、本堂で1時半から開催される法話会を聴くために本堂内で待ちました。

津波の被害に遭った、陸前高田市金剛寺の御住職の法話で、御住職は震災の一ヶ月前に手に大怪我をして、入院していました。
病院は津波の被害に遭わず、手に怪我をせず、お寺にいたならば、どうなっていたか分からなかったそうです。
瓦礫の中から見つかった如意輪観音像は、手が破損しており、観音様が救ってくださったと感じたそうです。

また、被災者ではなく、復興者と呼んで欲しいという話も印象に残りました。

本堂一階には、白装束を着た、びんずる尊者像が祀られていました。
今回初めて善光寺を出たそうで、しゃもじで触れて、お祈りをしました。

そして、最後に戒壇巡りをしました。
これで一通り拝観しましたが、法話を聴いて、もう一度、如意輪観音像にお会いしたくなったので、会いに行って来ました。

今回の出開帳は、東日本大震災の復興支援が目的ですが、「復興支援」を「復幸支縁」と書いています。仏様との結縁により、幸せを復活する。実現させたいですね。
タグ