ツアー初日、最後に訪れたお寺は、山梨県南巨摩郡にある大聖寺です。

お寺の入口には、丁度人が入れるぐらいのスペースの洞がある大木がありましたので、昔、ここで修業した人がいたかも知れないなと思いました。



本堂内に上がると、中央の厨子の中に不動明王坐像が安置されていました。
こちらの不動明王像は弘法大師作で、新羅三郎義光の孫である加賀美次郎遠光が宮中守護の功績によって、高倉天皇から賜ったものとお寺では伝えられています。





また江戸時代に三回江戸に出開帳した記録があり、不動明王の江戸出開帳と言えば、成田山が有名ですが、成田山のお不動さんより大聖寺のお不動さんの方が先に出開帳されたそうです。
ということは、当時、大聖寺のお不動さんの人気、知名度はかなり凄かったということですね。

お寺の方の説明が終了した後、像を近くで拝観しました。
不動明王像はいわゆる大師様と呼ばれる様式で、像をじっと眺めていると、本当に素晴らしい像で、高倉天皇から賜ったという寺伝は本当ではないかと思えて来ました。

高倉天皇在位の平安時代末期、甲斐源氏の武勇は広く知られていたのでしょう。弘法大師作で、高倉天皇から賜ったとされる不動明王像。間違いなく、山梨県が誇る仏像の一つであると思います。
カテゴリ
タグ