放光寺は山梨県を代表するお寺の一つで、個人でも何度か訪れているお寺です。到着すると、まずは仁王像を拝観。こちらの仁王像は重要文化財で、奈良仏師・成朝作と言われています。成朝は勝長寿院や永福寺の仏像を造ったとされていますが、それらの像は現存していませんので、貴重な仁王像です。





堂内では、まず収蔵庫を訪れました。収蔵庫には大日如来像、不動明王像、愛染明王像が祀られており、全て平安時代の作です。

大日如来像は女性的な優しいお顔をしているように感じました。像は腕が細く、それがより女性的に感じさせたのかもしれません。
愛染明王像は天弓愛染明王として広く知られており、素晴らしい像です。

次は毘沙門堂へ。入口に「雨乞いの観音」と呼ばれる、かなり破損した像が祀られていました。
説明で「(像を)いじめぬいて、像が流す涙で雨を降らせる」とあり、聞いて驚きました。さすがにそれは無いと思いますが、どうでしょうか。

堂内を奥に進み、安田義定をモデルにした毘沙門天像を拝観。放光寺には収蔵庫で拝観した仏像を始めとした素晴らしい仏像が祀られていますが、個人的にはこの毘沙門天像が一番好きです。
毘沙門天となった安田義定。源平の武将の中でも、特に武勇に優れた武将だったのでしょう。

放光寺にはまた秋に訪れたいと思います。


カテゴリ
タグ