本日(11/11)は、滋賀県長浜市川道町にある川道観音千手院の千手観音像御開帳に行って来ました。

JR長浜駅に集合し、レンタカーに乗り、一路、千手院へ。お寺に到着すると、色鮮やかな旗がたなびき、御開帳気分が盛り上がります。



本堂前には、高さ26㍍の幡母衣がありました。本日は残念ながら雨でしたが、晴天時は、たなびく幡母衣が更に映えると思います。



開帳塔婆に触れ、善の綱をたどりながら、本堂に向かいます。堂内中央には本尊の千手観音立像、右壇には薬師如来立像、左壇には御代仏の千手観音立像が祀られていました。

本尊の千手観音立像は、合掌手に善の綱が結ばれており、素敵な観音様でした。



御代仏の千手観音立像は、こちらが本尊でも全然おかしくないぐらい、立派な観音像でした。



堂内を眺めていると、地元の方々が熱心にお参りしている姿が数多く見られ、このような素晴らしい観音像を持つ、川道町の人々は幸せだなと思いました。
タグ