盛泉寺には本堂内に
・銅造菩薩立像
・銅造菩薩半跏像
・銅造薬師如来坐像
が安置されており、お堂に上がるまでの時間、境内を少し散策しましたが、素敵な石仏がたくさん祀られていました。







そして堂内に上がり、祀られている三体の銅造仏を拝観しました。銅造菩薩半跏像は、右手の指先を頬に当て、左足を踏み下げている金銅仏で、見れば見るほど、その優しさが伝わって来ました。

銅造菩薩立像は善光寺式阿弥陀三尊の脇侍像であり、銅造薬師如来坐像は鏡板はありませんが、懸仏だったそうです。

銅造像の前に純金造の水澤千手観音像が安置されていました。坂上田村麻呂が寄進したという寺伝があるそうで、長野県は坂上田村麻呂伝説が多いのも特徴だと思います。

戻る時、同行の方々が良かったと言っていた線刻六地蔵の碑を拝観しました。六体のお地蔵さんが描かれ、その上に佛・法・僧と書かれており、非常に珍しいものでした。


カテゴリ
タグ