瑞伝寺では

木造 地蔵菩薩坐像(若狭小浜のデジタル文化財)

が特別公開されています。

お寺に到着し、お堂に上がると、正面に地蔵菩薩坐像、脇侍として、不動明王立像、毘沙門天立像が祀られていました。地蔵菩薩像は立派で、坐像のお地蔵さんがご本尊で大きさも同じぐらいなので、よく訪れる鎌倉の宝戒寺を思い出しました。







堂内にはご住職様がおられ、像の正面に案内していただき、説明を聞きました。地蔵菩薩像は、縁起では快慶作と言われており、調査をすると、仏師・幸千の作と分かったそうです。地蔵菩薩像は結跏趺坐ではなく、左足を少し前に出しており、上のリンクの写真ではそれがよく分かります。

また、毘沙門天像は最澄作という伝承があるが、毘沙門天、不動明王像は江戸時代の作とのことです。

ご住職様と奥様はとても感じがよく、このようなお寺が増えれば、お寺めぐりが好きな人が増えるだろうなと感じました。
タグ