宮島の後、広島駅に戻り、そこから車で古保利薬師堂に行きました。古保利薬師堂は広島で仏像めぐりをする時に多くの人がお薦めするところです。

仏像は収蔵庫に安置されていますが、まずは阿弥陀堂がありましたので、そちらを訪れることにしました。堂内中央に阿弥陀如来坐像が安置されており、頭部と体は明らかに異なる時代に造られたと分かりました。きっと、火災か何かで頭部だけが残り、後世に体を造ったのだと思います。

次は収蔵庫です。収蔵庫の近くまで来ると、管理している方がおられたので声をかけて、中に入りました。ちなみに入館料は300円で、写真を撮る場合は500円が必要です。

中央には薬師如来坐像が祀られていました。伏し目がちですので、正面でしゃがんで見上げるのが一番良いと思いました。また、指が太く、全体に力強く感じました。螺髪がとれてなくなっていますので、肉髻を手で隠してお顔を見ると、お地蔵さんのように見えました。

薬師如来像以外に11体の仏像が祀られています。いずれも平安時代初期の仏像で、素晴らしいものです。個人的には千手観音立像が特に良かったですが、どの仏像も見ていれば見ているほど、その良さが伝わって来ました。やっぱり、仏像はじっくり拝観するのが一番ですね。

管理されている方によると、元々は吉川氏の菩提寺である福光寺があり、吉川氏が岩国に国替えになる時にお寺も移動し、薬師堂のみが残ったそうです。

山深い地にこれだけの仏像がある大寺院があったのは不思議な感じがしましたが、江の川をさかのぼってここまで来ることができたそうです。

古保利薬師堂では、管理している方と話をしながらのんびりと仏像拝観ができ、多くの人が推薦するのが分かりました。


タグ