5月12日の話です。丈六の地蔵菩薩坐像を祀る福智院を訪れた後、毎年5月に阿弥陀如来立像を御開帳している珹寺(れんじょうじ)を訪れました。

本堂前で拝観料400円を払い、堂内に入りました。堂内には中央に袴を履いた裸形の阿弥陀如来像、左右に観音、勢至菩薩像が祀られており、まずは着座して、テープによる案内を聞きました。珹寺には以前訪れたことがあるので、テープの案内を聞きながら、その時のことを思い出しました。

案内が終わった後、像を近くで拝観することができ、三年ぶりとなりますが変わらず、美しい阿弥陀如来像でした。

本堂での拝観が終わった後、喫茶コーナーで、お茶とお菓子を頂きました(200円)。
お茶は
・アマキ茶
・ほうじ茶
とを選ぶことができ、アマキ茶とは何かと思い尋ねましたが、オランダのお茶で、とても美味しいとのことでしたので、それを頼みました。味は甘茶のようで、とても美味しかったです。



南都古社寺研鑽会が作成した「こしゃじ便り」もあり、お茶とお菓子をいただきながら、のんびりと庭を眺めていました。



お寺を出る時にお寺の方がオオヤマレンゲが咲いているのを教えてくれました。


タグ