致知出版の人間学入門に掲載されている、稲盛和夫さんの「事業を興すその動機善なりや私心なかりしか」より。

・最も印象に残った言葉

私は自分がどういう運命を持って生まれてきたかは知りませんが、ただ一点だけ、善きことを行うことによって、私の運命がいい方向に行くであろうということを学びました。

私たちはそれぞれが生まれてきた人生の目的は、世のため人のために尽くすことです。一燈照隅といいますが、どんな人でも素晴らしい役割を持って生まれてきたわけです。その役割を通じて、世のため人のために尽くすことが大事なことです。

世のため人のために尽くそうとすることによって、自分の運命を変えていくことができると思います。同時に自分だけがよければいい、という利己の心を離れて、他人の幸せを願うという利他の心になる。そうすれば自分の人生が豊かになり、幸運に恵まれる、ということを仏教では説いているのです。

・創作座右の銘

運命は変えることができる。善きことを行うことによって。
カテゴリ
タグ