月刊致知2月号に掲載されている日野原重明さんと都倉亮さんの対談「我が命、燃焼す」より。

自分の人生に起こることを「運命だ」と受け身的に捉える人が多いようですが、私はいつも「あなたの運命をデザインしなさい」と言うのです。人生は良いことばかりではありませんが、誰かとの出会いを契機に良い方向に変えていくこともできる。

運命は与えられるものではなく、自分から動いてデザインしていくものだというのが私の考え方です。そうやってあなたの生きる道を選び取り、つくり上げていきなさんというのが、いまの私から伝えたいことですね。

私の命は神様から与えられたものです。その与えられたものに対して自分自身がどこまでも充実して、感謝して生きていきたいと願い、全力疾走を続けているところです。

先日、サッカーのなでしこジャパンがアメリカにリードされていたものの、後半戦の終盤で追いつき、延長戦でも食らいついた末、PK戦で勝利して遂に世界一になりました。

人生もまた同様に、延長戦の中に本当の学びと実りを持つような、一途一心に歩まんとする姿勢が大切なのだと思いますね。
カテゴリ
タグ