神童寺の後は長岳寺を訪れました。拝観料300円を払い、境内に入ります。まずは重文の庫裏と延命殿の拝観です。延命殿には延命普賢菩薩像が祀られていました。密教らしい多臂の普賢菩薩像で、今回は三重の普賢寺、奈良の常光寺等で普賢菩薩像を拝観しましたが、最後に多臂の普賢菩薩を拝観できました。

そして、本堂へ。こちらには玉眼を使った日本最古の阿弥陀三尊像が祀られているので楽しみです。堂内に入ると、中央に阿弥陀如来坐像が祀られており、その脇に大威徳明王、愛染明王像が安置されていました。

そして左右の壇には観音菩薩、勢至菩薩像が祀られており、両像とも足を踏み下げています。両菩薩像とも優雅なお顔をされており、お顔を拝観していると、本当に心が安らぎました。

他には、藤原時代の不動明王像、多聞天、増長天像が安置されていましたが、やはり、阿弥陀三尊像が別格です。本堂にあった椅子に腰掛け、そのお姿を眺めていました。


タグ