今回の三日間のお寺巡りの初日は岐阜県のお寺を巡りました。まず訪れたのは多治見市にある永保寺です。私は永保寺を知らなかったのですが、同行した岐阜在住の方が多治見市を通るならば、必ず訪れなければならないお寺だと案内してくれたのです。

お寺に到着して歩いていると格好良い屋根が見えてきました。これが国宝の観音堂です。尖った屋根の形が禅の建物らしさを表わしています。



観音堂の前は池があり、その周りを歩きながら観音堂を含む景色を眺めましたが、素晴らしいものでした。写生をしているグループの方がいましたが、この景色を写生したい気持ちは分かります。







また境内の端は川辺に繋がっており、その点も珍しいなと思いました。



今回は観音堂の中に入れませんでしたが、いつか中に入ってみたいと思います。
タグ