月刊致知5月号の特集は「新たな地平を拓(ひら)く」です。

総リードより。

人は皆、掘り抜かなければならない山を持っている、とはある先人の言葉である。掘り抜かなければならない山。それはその人だけに与えられた課題、といってよいだろう。その山を掘り抜いた先に拓けるのが新たな地平である。

山は一つとは限らない。私たちは先人の足跡に学びつつ、常に自らの山を掘り抜き、新たな地平を拓いていかなければならない、天の意に叶う生き方もそこにある。
カテゴリ
タグ