2017年12月の記事一覧

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

月別アーカイブ:2017年12月

  • 2017/12/28お薦め本

    現在、西国三十三観音霊場では草創1300年記念事業を行っていますが、徳道上人が閻魔大王から33の朱印を授かったのは718年ですので、来年の2018年で丁度1300年になります。今月に出版された「るるぶ西国三十三所めぐり(Amazonへのリンク)」を購入したところ、2018年に予定されるイベントが色々掲載されていましたので、その中で印象に残ったものを紹介します。・4月15日に特別散華を配布4月15日は「良い(41)ご(5)縁日」ということ...

    記事を読む

  • 2017/12/05致知

    月刊致知1月号に掲載されている、井村雅代さんの「人を育てる」より。叱る時はまず現行犯で叱ってください。いまのそれがダメなんだって言われたら、人間は反省します。「君、この前も同じことを言ったよ」と古いことを持ち出してはいけません。これをやられると、いまやったことへの反省が薄れてしまうんです。もう一つしてはいけないのは、しつこく叱ること。それは本人の自己満足で、聞いている人は「もう分かったよ」って嫌気...

    記事を読む

るるぶ西国三十三所めぐりを購入しました

現在、西国三十三観音霊場では草創1300年記念事業を行っていますが、徳道上人が閻魔大王から33の朱印を授かったのは718年ですので、来年の2018年で丁度1300年になります。
今月に出版された「るるぶ西国三十三所めぐり(Amazonへのリンク)」を購入したところ、2018年に予定されるイベントが色々掲載されていましたので、その中で印象に残ったものを紹介します。

・4月15日に特別散華を配布
4月15日は「良い(41)ご(5)縁日」ということで、日本巡礼文化の日に制定されました。そこで、4月15日に数量限定で記念散華が配布されるそうです。配布は2018年だけでなく、毎年行うとのことです。

・長谷寺大観音大画軸大公開
長谷寺では3月1日から5月31日まで大観音大画軸を公開しますが、その期間中、特別な朱印を授与するそうです。写真を見ると「十一面観音」と書かれる代わりに観音様の絵が押印されるようです。

・奈良の札所4ヵ寺 江戸時代の御朱印を復刻
2018年1月1日から2020年12月31日まで、壺阪寺、岡寺、長谷寺、興福寺南円堂では、西国巡礼が最も盛んだった江戸時代の御朱印を授与するそうです。「奉拝」が「奉納経」となり、寺名の前に「和州」が入るそうです。

・2020年に特別展覧会
2020年に京都国立博物館で特別展覧会が予定されているそうです。

西国巡礼は来年以降も楽しみですね。
カテゴリ
タグ

三つの叱るコツ

月刊致知1月号に掲載されている、井村雅代さんの「人を育てる」より。

叱る時はまず現行犯で叱ってください。いまのそれがダメなんだって言われたら、人間は反省します。
「君、この前も同じことを言ったよ」と古いことを持ち出してはいけません。これをやられると、いまやったことへの反省が薄れてしまうんです。
もう一つしてはいけないのは、しつこく叱ること。それは本人の自己満足で、聞いている人は「もう分かったよ」って嫌気が差してくるんです。
現行犯で叱ること、古いことを持ち出さないこと、しつこく叱らないこと。この三つの叱るコツをぜひ覚えてください。

叱るとは、いま自分の目の前にいる人は、絶対このままでは終わらないんだ。いまの状態よりも必ずよくなるんだと、その人の可能性を信じることなんです。だから本気でぶつかり、よくなるまで、あの手、この手で引き上げようとする。叱るとは、その子の可能性を信じるということなんです。
カテゴリ
タグ
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.