2012年07月の記事一覧

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

月別アーカイブ:2012年07月

  • 2012/07/28写経

    豊川稲荷東京別院の平成24年度下半期写経会の開催日程は以下のとおりです。8月1日、19日9月1日、9日10月1日11月1日、11日12月1日、9日時間は午後1時半から3時半までです。...

    記事を読む

  • 2012/07/24致知

    昨日に引き続き、月刊致知8月号に掲載されている塚本徳臣さんの「我が空手道は『天地一つ』」より。本物の強さは、相手に勝つことじゃない。自分に克つことですよ。それはつまり、我欲を捨て去る勇気があるかどうかということです。自分という字は、自らを分けると書きます。人生は一分一秒、こっちにしよう、あっちにしようという選択の連続じゃないですか。それを楽なほうではなくて、厳しいけど正しい方向に持っていくのが、自...

    記事を読む

  • 2012/07/23致知

    月刊致知8月号に掲載されている塚本徳臣さんの「我が空手道は『天地一つ』」より。ボランティアの施設に行った時に、たまたま「ドリームヒーラー」という本を手に取りました。アダムという天才ヒーラーが十六歳の時に書いた本で、その本にはこう書いてありました。「宇宙のエネルギーを体の中に取り入れて、それがお腹を通って、足の裏から地球の真ん中と繋がるイメージを持つと、宇宙のエネルギーで治せる。私は宇宙と一つ」これ...

    記事を読む

豊川稲荷東京別院・平成24年度下半期写経会開催日

豊川稲荷東京別院の平成24年度下半期写経会の開催日程は以下のとおりです。

8月1日、19日
9月1日、9日
10月1日
11月1日、11日
12月1日、9日

時間は午後1時半から3時半までです。
カテゴリ
タグ

自分に克つこと

昨日に引き続き、月刊致知8月号に掲載されている塚本徳臣さんの「我が空手道は『天地一つ』」より。

本物の強さは、相手に勝つことじゃない。自分に克つことですよ。それはつまり、我欲を捨て去る勇気があるかどうかということです。

自分という字は、自らを分けると書きます。人生は一分一秒、こっちにしよう、あっちにしようという選択の連続じゃないですか。それを楽なほうではなくて、厳しいけど正しい方向に持っていくのが、自分に克つということです。

***

最後の「楽なほうではなくて、厳しいけど正しい方向に持っていくのが、自分に克つということです」という言葉が良いですね。心に響きました。
カテゴリ
タグ

天地一つ

月刊致知8月号に掲載されている塚本徳臣さんの「我が空手道は『天地一つ』」より。

ボランティアの施設に行った時に、たまたま「ドリームヒーラー」という本を手に取りました。アダムという天才ヒーラーが十六歳の時に書いた本で、その本にはこう書いてありました。

「宇宙のエネルギーを体の中に取り入れて、それがお腹を通って、足の裏から地球の真ん中と繋がるイメージを持つと、宇宙のエネルギーで治せる。私は宇宙と一つ」

これを読んだ時、宮本武蔵の本の中に出てくる柳生石舟斎の話を思い出しました。剣豪・柳生石舟斎は「日の本には誰も俺に勝てるやつはいない」と思って、後に師匠となる上泉伊勢守に勝負を挑むんです。しかし、あっさりと負けてしまう。何度挑戦しても勝てない。その時に、上泉伊勢守は柳生石舟斎にこう言います。

「技の研鑽(けんさん)は素晴らしい。だが、あなたの心の中は己のみである」
「ならば、剣とはなんですか。教えてください」
上泉伊勢守は天を指さして
「我が剣は、天地一つ」
と言うんです。

初めて読んだ時は意味が分かりませんでしたが、「ドリームヒーラー」を読んだ時に繋がりました。

宇宙と一つになることだけに集中すると、相手の気持ちが分かったり、次にどんな技を出そうとしているのかが読めるようになりました。天地一つとはつまり、自分も相手も一つだということです。

僕自身は、天地一つに気づいて、自分が幸せになって、周りも幸せになったので、そういうことを道場に来た人や僕が接する人たちに教えていく使命があります。そして、その人たちも幸せになって、それが世界中に広がっていくことを願っています。
カテゴリ
タグ
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.