2012年03月の記事一覧

元霊場巡り旅ブログのブログです。

月別アーカイブ:2012年03月

  • 2012/03/28仏像ツアー

    今年は河津桜の開花が遅れたため、訪れた頃が丁度満開の時期で河津桜がとても綺麗でした。善光庵の境内でも桜が綺麗に咲いていました。下の写真は境内で撮った、桜をバックにしたお地蔵さんです。善光庵は伊豆横道三十三観音霊場の第十六番札所であり、平安時代の十一面観音立像が祀られています。堂内に入って観音像を拝観した時、湖北でお会いした観音様に似ているような感じがしました。このような仏像を拝観すると伊豆って不思...

    記事を読む

  • 2012/03/27仏像ツアー

    ツアー二日目、最初に訪れたのは涅槃堂です。涅槃堂という名前から分かるようにお釈迦様の涅槃像が祀られています。お堂に到着すると案内の方がおられ、堂内に案内してくれました。涅槃堂は御住職がおられるお寺ではなく、地元の方が管理されているお堂です。堂内に入ると中央にお釈迦様の涅槃像が安置されていました。涅槃を表したものは画がほとんどで、像の涅槃は珍しいです。像は江戸時代に地元の人が造ったもので、とても穏や...

    記事を読む

  • 2012/03/26仏像ツアー

    今回のツアーでは禅の湯で宿泊しました。禅の湯は宿坊ではありませんが、慈眼院というお寺の境内にあり、朝に坐禅を体験することができます。到着すると早速、夕食をいただきました。食事は野菜中心のヘルシー料理ですが、金目鯛もありました。次はお風呂に入りました。まずは岩盤浴を楽しみ、次に温泉に入りました。「禅の湯」と宿の名前に湯がつくように良い温泉でした。翌日は朝の座禅会に参加しました。坐禅の時間は40分と聞い...

    記事を読む

善光庵:相模と伊豆の古社寺紀行

今年は河津桜の開花が遅れたため、訪れた頃が丁度満開の時期で河津桜がとても綺麗でした。善光庵の境内でも桜が綺麗に咲いていました。下の写真は境内で撮った、桜をバックにしたお地蔵さんです。



善光庵は伊豆横道三十三観音霊場の第十六番札所であり、平安時代の十一面観音立像が祀られています。

堂内に入って観音像を拝観した時、湖北でお会いした観音様に似ているような感じがしました。



このような仏像を拝観すると伊豆って不思議なところだなと思います。京都から離れており、源頼朝が流罪されるような土地なのに、このような素敵な仏像があるのはどうしてなのだろうと思います。
カテゴリ
タグ

涅槃堂:相模と伊豆の古社寺紀行

ツアー二日目、最初に訪れたのは涅槃堂です。涅槃堂という名前から分かるようにお釈迦様の涅槃像が祀られています。

お堂に到着すると案内の方がおられ、堂内に案内してくれました。涅槃堂は御住職がおられるお寺ではなく、地元の方が管理されているお堂です。

堂内に入ると中央にお釈迦様の涅槃像が安置されていました。涅槃を表したものは画がほとんどで、像の涅槃は珍しいです。像は江戸時代に地元の人が造ったもので、とても穏やかなお顔をされていました。



涅槃像の後ろには阿弥陀三尊像が祀られていました。涅槃の時に阿弥陀三尊像が現れたという話はありませんが、地元の人が造ったので、亡くなった時には阿弥陀如来が来迎すると考えたのでしょうね。



お堂の左右には群像が祀られていました。その中に、手を目に当て、涙を拭っている像が何体かあり、素朴なその姿が悲しみをよく表しているように感じました。

仏像から地元の方の純粋な信仰心を感じ、涅槃堂を拝観した後、とても温かい気持ちになりました。
カテゴリ
タグ

禅の湯:相模と伊豆の古社寺紀行

今回のツアーでは禅の湯で宿泊しました。禅の湯は宿坊ではありませんが、慈眼院というお寺の境内にあり、朝に坐禅を体験することができます。

到着すると早速、夕食をいただきました。食事は野菜中心のヘルシー料理ですが、金目鯛もありました。



次はお風呂に入りました。まずは岩盤浴を楽しみ、次に温泉に入りました。「禅の湯」と宿の名前に湯がつくように良い温泉でした。

翌日は朝の座禅会に参加しました。坐禅の時間は40分と聞いていたので長いなと思っていましたが、入堂してから終了までが40分でした。実際の坐禅の前に色々説明をしていただき、為になった座禅会でした。一つ気になったのは、我々以外にも宿泊していた方々がいたのに、座禅会に参加したのは我々のグループだけだったことです。座禅などお寺での修行体験がブームだと言われていますが、現実はまだまだだなと思いました。

座禅の後は朝食を頂きました。



禅の湯は、
・温泉が良い
・宿泊代が安い
・座禅体験が出来る
ので、お薦めの宿です。


白い建物が禅の湯で、その隣が座禅をした慈眼院の本堂です。
カテゴリ
タグ
Copyright © 元霊場巡りの旅ブログ All Rights Reserved.