2011年12月の記事一覧

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

月別アーカイブ:2011年12月

  • 2011/12/29北陸地方寺社巡り

    お寺に到着すると受付で拝観料を払い、お寺の方の案内で仏像が祀られているお堂に行きました。中に入ると、中央に大日如来像、向かって右に観音像、左に不動明王像が祀られていました。大日如来は胎蔵界の像で、251センチの大きなものでした。不動明王像は一目見て、若狭民俗歴史博物館で複製を拝観した像だと分かりました。案内に、面相は斜め左下を向き、左足を踏み出して動きのある姿勢をしています。両眼も片目をすがめた天地...

    記事を読む

  • 2011/12/29北陸地方寺社巡り

    到着したのがお昼の時間だったためか受付に人がいません。妙楽寺の観音様は羽賀寺の観音様と並んでお会いするのを楽しみしていたのでどうしようかと思い、しばらく待っていましたが、無事受付の方が現れました。そして拝観料400円を払い、本堂に向かいました。本堂に入ると厨子の中に千手観音像が祀られていました。テープによる案内がありましたので、ボタンを押して、案内を聞きました。こちらの観音像は正面以外に左右にもお顔...

    記事を読む

円照寺

お寺に到着すると受付で拝観料を払い、お寺の方の案内で仏像が祀られているお堂に行きました。

中に入ると、中央に大日如来像、向かって右に観音像、左に不動明王像が祀られていました。

大日如来は胎蔵界の像で、251センチの大きなものでした。不動明王像は一目見て、若狭民俗歴史博物館で複製を拝観した像だと分かりました。案内に、

面相は斜め左下を向き、左足を踏み出して動きのある姿勢をしています。両眼も片目をすがめた天地眼に造られています。

とあるように印象深い像です。但し、その特徴は博物館の複製像のほうがよく分かりました。

向かって右の像は観音像と書きましたが、最初拝観した時、観音様とは分かりませんでした。造像時は頭上に十一の化仏と手が四十二臂あったそうですが、今は本面の両脇に二面を配した三面、手は六臂で、持物も五鈷杵と五鈷鈴と普段拝観する観音様とは随分違った姿に感じました。

仏像を拝観した後、庭園を拝観しました。三尊石組みから鶴石に水が注ぐように作られているそうです。


タグ

妙楽寺

到着したのがお昼の時間だったためか受付に人がいません。妙楽寺の観音様は羽賀寺の観音様と並んでお会いするのを楽しみしていたのでどうしようかと思い、しばらく待っていましたが、無事受付の方が現れました。そして拝観料400円を払い、本堂に向かいました。

本堂に入ると厨子の中に千手観音像が祀られていました。テープによる案内がありましたので、ボタンを押して、案内を聞きました。

こちらの観音像は正面以外に左右にもお顔があり、頭上の顔と合わせて、二十四のお顔があるそうです。手も千本あると案内がありましたが、本当に千本あるように思えるぐらい小さな手がたくさんありました。

堂内右には聖観音像が祀られており、縁結びの観音様とのことです。左側には不動明王像が祀られており、役行者の像によく見られる、岩を表したような厨子(?)の中に祀られていました。

観音像の裏側にも観音像が祀られていました。妙楽寺の千手観音像はかって三十三年に一度しか開扉されない仏像でしたので、その時はこちらの観音像がお前立ちとして祀られていました。

それらの像を拝観した後、再び、千手観音像を拝観しました。近くでも拝観できますが、少し離れて拝観したほうが良いように感じました。

本堂を出た後、薬師堂で薬師如来立像、地蔵堂で地蔵菩薩坐像にお参りをし、妙楽寺を後にしました。


タグ
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.