2011年10月の記事一覧

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

月別アーカイブ:2011年10月

  • 2011/10/13滋賀仏教美術巡りの旅 1日目

    集合場所の彦根駅東口からバスに乗り、仏女ブロガーの旅がいよいよスタートです。今回の旅では、一日目は滋賀県観光交流局のおすすめコースを参加者全員でめぐります。まず最初に訪れるお寺は五百羅漢で有名な天寧寺です。天寧寺は彦根駅から近いですので、乗車して五分ほどでバスは天寧寺に到着しました。到着したバスの中からお寺を見るとNHK大津放送局の方がカメラを回しているのが見えました。本日のツアーにはNHKの方が同行し...

    記事を読む

  • 2011/10/13滋賀仏教美術巡りの旅 1日目

    食事を終えた後、集合時間まではまだ時間がありましたが、お寺を訪問するほどの時間はなかったので、彦根城の玄宮園に行くことにしました。玄宮園は彦根城の北東にある大名庭園で、中国の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで選ばれた近江八景を模してつくられた縮景園です。今回は仏女ブロガーパスで無料で入場することができました。ありがとうございます。玄宮園には初めて訪れましたが、その景色の美しさに目を奪われました。時...

    記事を読む

  • 2011/10/13滋賀仏教美術巡りの旅 1日目

    滋賀県観光交流局から送られてきた資料や自分で購入した雑誌などを見て、伊吹そばに興味を持ちましたので、「献上伊吹そば つる亀庵」で昼食をとることにしました。お店の案内には滋賀県の伊吹山麓には「伊吹蕎麦」と呼ばれる銘蕎麦があります。伊吹は日本の蕎麦発祥の地とされる説もあり、古くから蕎麦の収穫がなされていましたが、産業としての蕎麦生産は近年まで行われておりませんでした。しかし伝統ある「伊吹蕎麦」を復活さ...

    記事を読む

滋賀仏教美術めぐりの旅 天寧寺

集合場所の彦根駅東口からバスに乗り、仏女ブロガーの旅がいよいよスタートです。今回の旅では、一日目は滋賀県観光交流局のおすすめコースを参加者全員でめぐります。まず最初に訪れるお寺は五百羅漢で有名な天寧寺です。天寧寺は彦根駅から近いですので、乗車して五分ほどでバスは天寧寺に到着しました。

到着したバスの中からお寺を見るとNHK大津放送局の方がカメラを回しているのが見えました。本日のツアーにはNHKの方が同行し、その内容が滋賀県内だけですが夕方のニュースで放送されました。そのニュースを旅館で見ましたが、私も少しだけ映っていました。

バスから降りると、五百羅漢像が祀られている仏殿(羅漢堂)に案内してもらいました。堂内に入ると、正面と左右に五百羅漢の木像が所狭しと並べられており、正に圧巻の風景でした。



まずは全員座って、御住職のお話を伺います。正面には宝冠釈迦如来像が祀られ、十大弟子がその周りに安置されています。十大弟子の中でも特に重要な摩訶迦葉尊者と阿難尊者が脇侍として祀られており、その二体の像はサンフランシスコで開催された万博博覧会に展示されたことがあるそうです。



周りには五百羅漢像が文字通り五百体、そして、五百羅漢像よりも少し大きな十六羅漢像が祀られています。よって、お釈迦様(1体)、十大弟子(10体)、五百羅漢(500体)、十六羅漢(16体)の合計527体が祀られています。私は五百体全てが現存していることに価値があると感じました。東京にも五百羅漢寺という木像の五百羅漢像を祀るお寺がありますが、五百体全ては現存していません。

なぜ、天寧寺に五百羅漢像が祀られるようになったか。それには以下のような話があります。
1819年、若竹という腰元が不義の子を宿しました。井伊直中は相手の名を詰問したが、若竹は口を固く閉ざし、結局、お手打ちになりました。後になって、若竹の相手が長男・直清であることが分かり、自分の孫になる子を宿した若竹を葬ったことに心を痛め、お坊さんに相談しました。すると「五百のお寺を建立しなさい」と言われましたが、財政的に無理ので、代わりに五百羅漢像を造りました。

江戸時代には五百羅漢信仰が流行し、自分の亡くなった肉親に似た像に会えると言われていました。ですので、孫の顔を探し求めるために像を造ったとも考えられるそうです。私は孫を葬ってしまった話を初めて聞いた時、孫の顔を見たいために五百羅漢像を造ったのだと思いましたし、今でもそう思っています。天寧寺は井伊家の私的なお寺だったそうなので、家臣の前では厳しい表情をしていなければならない直中も天寧寺においては孫を思う一人の人間になっていたのではないかと思います。

御住職の話が終わった後、堂内を取材(?)しました。決められた時間の中で私が一番良いなと思ったのは以下の像です。仏女ブロガーとしてのお寺訪問で少し緊張していましたが、「固くならなくていいよ」と言ってくれているように感じました。



また、堂内で座禅ができるようになっており、五百羅漢像の安置されるお堂で一度座禅をしたいなと思いました。



次は仏殿の裏にある「らかん石庭」の拝観ですが、仏殿の裏側に立派な布袋さんの像が祀られていました。




おへそにさわればヘソクリができ!扇にさわれば福来たり!袋にさわれば病気を封じる!という福徳円満の神様です。

と案内に書かれていましたので、私を含めて皆さん、布袋さんに触れていました。

らかん石庭は、お釈迦様と十六羅漢がいらっしゃる庭だそうです。中央の大きな石がお釈迦様を表しており、その周りの十六個の石が十六羅漢を表しています。お釈迦様の石とその前の小さな石はインドの霊鷲山のものだそうです。私はその小さな石はお釈迦様の子供である羅怙羅(らごら)尊者だと思いましたが、どうなんでしょうか。



境内には井伊直弼供養塔もあり、説明をしてもらいました。滞在時間は四十分程度でしたが、天寧寺を拝観するには時間が短く思え、もう少し羅漢さんと向かい合いたいなと思いました。

訪問日:平成23年10月6日


大きな地図で見る

滋賀仏教美術めぐりの旅 彦根城玄宮園

食事を終えた後、集合時間まではまだ時間がありましたが、お寺を訪問するほどの時間はなかったので、彦根城の玄宮園に行くことにしました。

玄宮園は彦根城の北東にある大名庭園で、中国の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで選ばれた近江八景を模してつくられた縮景園です。今回は仏女ブロガーパスで無料で入場することができました。ありがとうございます。

玄宮園には初めて訪れましたが、その景色の美しさに目を奪われました。時間の関係で、長居をすることができませんでしたが、立ち去るのがとても名残惜しかったです。







訪問日:平成23年10月6日

滋賀仏教美術めぐりの旅 献上伊吹そば つる亀庵

滋賀県観光交流局から送られてきた資料や自分で購入した雑誌などを見て、伊吹そばに興味を持ちましたので、「献上伊吹そば つる亀庵」で昼食をとることにしました。お店の案内には

滋賀県の伊吹山麓には「伊吹蕎麦」と呼ばれる銘蕎麦があります。伊吹は日本の蕎麦発祥の地とされる説もあり、古くから蕎麦の収穫がなされていましたが、産業としての蕎麦生産は近年まで行われておりませんでした。しかし伝統ある「伊吹蕎麦」を復活させようと、伊吹の農家さんが在来種の作付けを始め、この数年少量ながら生産されるようになりました。

とあり、井伊家から徳川家への献上品目に「伊吹蕎麦」が含まれていたことから「献上品目」の銘蕎麦として名を残しているそうです。

お店に到着すると、事前にお店のホームページで調べていた「蕎朴(そぼく)」(伊吹盛りそば、そばとろめし、だし巻玉子、焚き物、自家製豆富、漬け物)を注文しました。

まずは、そば茶と蕎麦を揚げたお菓子(?)が出てきました。



次はメインの蕎朴。伊吹そばの風味を十分味わえる「盛りそば」に、あっさりした品々を付け素朴な美味を味わえる御膳として用意されたものだそうです。



最後はそば湯をいただきました。とてもおいしいお蕎麦でした。この日は朝早く起きて、朝食が早かったので、お腹が随分空いていましたが、お腹いっぱいになりました。午後からの仏女ブロガーの旅に向けての腹ごしらえができました。

訪問日:平成23年10月6日
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.