月刊致知のような雑誌はリラックスできる場所で心静かに読むのがいいのでしょうが、時間の関係などもあり、通勤時の電車の中で読むことが多いです。

まず最初に表紙を見て、今月の特集は何かを確認します。次に伊與田覺さん、牛尾治朗さん、中條高徳さんが順番に書かれている「巻頭の言葉」を読みます。そして総リードを読み、今月の特集に込められた思いなどを学びます。

今月号もいつものように電車の中で読み始めました。表紙から今月の特集は「立志照隅」であることを知り、次に巻頭の言葉を読みました。そして、そこでページを閉じ、致知をカバンの中にしまいました。

なぜページを閉じたのか。それは中條高徳さんによる今月号の巻頭の言葉「感性が理性を超克する瞬間」に感動し、他の文章を読む気にはなれなかったからです。こちらのページから読むことができますので、是非、一人でも多くの人に読んで欲しいと思います。
カテゴリ
タグ