2010年05月の記事一覧

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

月別アーカイブ:2010年05月

  • 2010/05/02武相薬師霊場

    訪問日:平成22年4月30日常楽寺で頂いた地図に従い、境川沿いを歩いて、観音寺を目指します。境川を歩きながら、朝光寺を訪れた時に聞いた、「薬師如来を祀るお寺は鶴見川沿いに多く、これは昔、鶴見川の氾濫が原因で疫病などが流行したためではないか」という話を思い出しました。確かに、常楽寺も観音寺も鶴見川ではありませんが、境川沿いにあります。訪れた時の境川はとてもおだやかでした。今の境川が氾濫し、疫病が蔓延する...

    記事を読む

  • 2010/05/02武相薬師霊場

    訪問日:平成22年4月30日祥雲寺から町田街道をひたすら歩いて南下し、少し迷いましたが何とか常楽寺に到着しました。境内に入り、開帳塔婆に触れた後、建物二階にあるお堂に行きました。堂内には厨子の中に薬師三尊像、その後ろに釈迦三尊像が祀られていました。接待所で次は観音寺に行くと伝えると地図を頂きました。境川沿いに歩いて行けば20分ほどで到着するそうで、観音寺までの良いルートが見つかっていなかったので、とても...

    記事を読む

武相寅歳薬師如来霊場 二十一番・観音寺

訪問日:平成22年4月30日
常楽寺で頂いた地図に従い、境川沿いを歩いて、観音寺を目指します。境川を歩きながら、朝光寺を訪れた時に聞いた、「薬師如来を祀るお寺は鶴見川沿いに多く、これは昔、鶴見川の氾濫が原因で疫病などが流行したためではないか」という話を思い出しました。確かに、常楽寺も観音寺も鶴見川ではありませんが、境川沿いにあります。

訪れた時の境川はとてもおだやかでした。今の境川が氾濫し、疫病が蔓延することはありえないでしょう。そうだとすると薬師如来を祀る意味はなくなってしまったのでしょうか。いや、やはり、薬師如来を祀る意味はあると思います。現代人は精神的なストレスは大きいし、病気になった時に「薬師如来様に守られている」という安心感は今も昔も変わらないのではないか。
そんなことを考えながら歩いていました。自動車でお寺めぐりをすることよりも歩いてお寺めぐりをする利点は、考える時間がたくさんあることだと思います。歩くと脳が活発になるのか色々考えが浮かびますし。



観音寺に到着すると入口に武相観音一番札所の文字がありました。ということは、来年の武相観音めぐりはここ観音寺からスタートということになると思います。

本堂に入ると中央に厨子に入った薬師如来立像が祀られていました。そして、その後ろに扉が閉ざされた厨子がありました。この中に卯歳観音様が祀られているということですね。その横に日光、月光菩薩のように見える像がありましたが、薬師如来像よりも随分大きな像です。後でお寺の方に伺うと日光、月光菩薩ではないそうです。

また、左壇には大きくて立派な地蔵菩薩坐像が安置されていました。その像を拝観した時、またまた朝光寺での話、「閻魔像は大きくて立派なので、何らかの信仰があったのではないか」という話を思い出しました。地蔵菩薩と閻魔大王は同一の存在とされていますので、境川の氾濫で不幸にも亡くなった人に対するお願いを地蔵菩薩にしていたのだと思いました。

境内には、聖徳太子を祀る太子堂、稲荷社、弁天堂があり、武相観音一番札所に相応しいお寺でした。


カテゴリ
タグ

武相寅歳薬師如来霊場 二十番・常楽寺

訪問日:平成22年4月30日
祥雲寺から町田街道をひたすら歩いて南下し、少し迷いましたが何とか常楽寺に到着しました。

境内に入り、開帳塔婆に触れた後、建物二階にあるお堂に行きました。堂内には厨子の中に薬師三尊像、その後ろに釈迦三尊像が祀られていました。



接待所で次は観音寺に行くと伝えると地図を頂きました。境川沿いに歩いて行けば20分ほどで到着するそうで、観音寺までの良いルートが見つかっていなかったので、とても助かりました。

また、頂いた朱印の裏に書かれている縁起に「境内に梅花観音が祀られている」と書かれていたので場所を伺い、そちらに行きました。梅花観音像は左手に梅(?)を持っているので珍しいと思いましたが、右手の水瓶の口を下にしているのに驚きました。塩船観音寺を訪れた時に水瓶の口を下に向けた観音像を拝観したばかりでしたので、続けて、そのような観音像にお会いしたので、ビックリしました。


カテゴリ
タグ
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.