2010年05月の記事一覧

元霊場巡り旅ブログのブログです。

月別アーカイブ:2010年05月

  • 2010/05/01武相薬師霊場

    訪問日:平成22年4月30日東光寺からバスに乗って鶴川駅に戻り、そこから小田急線で町田駅に移動しました。町田駅で下車して歩いて祥雲寺を目指しましたがやはり町田は人が多かったです。途中に町田天満宮が見え、予想よりも大きな神社だったので、少し驚きました。まだまだ知らない寺社が近くにもたくさんあります。町田天満宮は改めて訪れたいと思います。墓地を通過して、薬師如来像を御開帳しているお堂へ。山門までの参道には...

    記事を読む

  • 2010/05/01武相薬師霊場

    訪問日:平成22年4月30日当初の予定では安全寺から歩いて鶴川駅に戻り、そこからバスに乗って東光寺にいくつもりでしたが、鶴川駅から安全寺まで結構歩いたのでバスに乗って駅に戻ることにしました。バス停でバス等を確認すると、なんと駅に戻って乗る予定のバスがこの辺りを通過するではないですか。そこで、道路の反対側に行き、バスを待ちました。目的のバスが来たので、乗車し、バス停「中村」で下車。実は事前に地図で調べた...

    記事を読む

武相寅歳薬師如来霊場 十九番・祥雲寺

訪問日:平成22年4月30日
東光寺からバスに乗って鶴川駅に戻り、そこから小田急線で町田駅に移動しました。町田駅で下車して歩いて祥雲寺を目指しましたがやはり町田は人が多かったです。途中に町田天満宮が見え、予想よりも大きな神社だったので、少し驚きました。まだまだ知らない寺社が近くにもたくさんあります。町田天満宮は改めて訪れたいと思います。

墓地を通過して、薬師如来像を御開帳しているお堂へ。山門までの参道には、十二支の干支と遊んでいる(?)お地蔵さんの石像が十二体ありました。このお地蔵さんの像を含めて、祥雲寺の境内には石像がたくさん奉納されていたのが印象に残りました。

石像の仁王さんが両脇にいらっしゃる山門をくぐり、開帳塔婆にふれ、お堂に上がりました。お堂に上がると案内の方が「薬師如来像はこちらです」と左壇に案内してくれました。薬師像は厨子の中に祀られており、近くで拝観させてもらいました。

中央壇には扉が閉じられた厨子があり、武相観音霊場の卯年開扉身代わり聖観音菩薩が祀られていました。「来年、御開帳されている時にまた会いに来ます」とお参りをしました。

御朱印を頂いた後、授与品を見ていると、武相寅歳薬師如来霊場会のキャラクターであるラピとらが登場している授与品がありましたので、ストラップを購入しました。

観音堂内で接待のお茶を飲みながら接待所の方と話をしましたが、感じの良い方で、来年の武相観音めぐりも良い巡礼になりそうだと感じました。

観音堂を出た後、本堂の前でお参りをし、境内に祀られている十二支守り本尊の石仏にもお参りをして、祥雲寺を後にしました。


カテゴリ
タグ

武相寅歳薬師如来霊場 十六番・東光寺

訪問日:平成22年4月30日
当初の予定では安全寺から歩いて鶴川駅に戻り、そこからバスに乗って東光寺にいくつもりでしたが、鶴川駅から安全寺まで結構歩いたのでバスに乗って駅に戻ることにしました。バス停でバス等を確認すると、なんと駅に戻って乗る予定のバスがこの辺りを通過するではないですか。そこで、道路の反対側に行き、バスを待ちました。

目的のバスが来たので、乗車し、バス停「中村」で下車。実は事前に地図で調べた時はのどかな田園風景を予想していたのですが、バス停周辺は全然そんなことはなかったです。東光寺に行く前に帰りのバスの時刻を調べておこうとバス停に行くと40分後でした。ということで拝観時間は40分です。

赤いのぼり旗に導かれ歩いてくと東光寺のお堂が見えてきましたが、それより眼に入ったのはお堂の後ろにそびえ立つ千手観音像です。



お寺に着いてもどうしても千手観音像に目がいってしまいます。開帳塔婆、本堂、千手観音像が一列に並んだ風景は素晴らしかったです。





お堂に上がり、厨子に入った薬師三尊像にお参りをしました。厨子の後ろには釈迦三尊像、左右には大権修理菩薩、達磨大師が祀られていました。ということは、東光寺は曹洞宗のお寺ですね。

頂いた朱印の裏に書かれた縁起によると、こちらの薬師如来像は源頼朝の弟である範頼の守り本尊だったそうです。まだまだ知らない、由緒のある仏像が身近にたくさんあるのだと改めて思いました。

本堂裏の千手観音像は多摩長谷平和観音と呼ばれ、近くまで行けるそうなので、お堂を出た後、そちらに向かいました。境内には石仏がたくさんあり、それらを拝観していると40分という時間はあっという間に過ぎてしまいました。

また話は少しずれますが、医王寺、薬王寺は名前から薬師如来を祀るお寺だと分かりますが、寅年開帳している薬師霊場を巡って、東光寺も薬師如来を祀っているお寺に相応しい名前だと気づきました。東方浄瑠璃世界にお住まいの薬師瑠璃光如来様ですからね。
カテゴリ
タグ
Copyright © 元霊場巡りの旅ブログ All Rights Reserved.