2010年04月の記事一覧

霊場巡り旅ブログの旧ブログです。2018年5月上旬までの記事があります。

月別アーカイブ:2010年04月

  • 2010/04/18都筑橘樹薬師霊場

    訪問日:平成22年4月17日横浜市営地下鉄新羽駅から歩いていきました。途中に杉山神社がありましたので、立ち寄ると、新羽の総鎮守だそうです。途中にもう一つ、光明寺というお寺もありました。大きなお寺で、武相不動尊の札所だそうで、今度の酉年には必ず、武相不動霊場を巡ろうと思います。光明寺から少し歩くと赤いのぼり旗が見え、蓮華寺に到着しました。入口から続く参道の先にお堂が見えたのでそこで御開帳をしていると思い...

    記事を読む

  • 2010/04/18都筑橘樹薬師霊場

    訪問日:平成22年4月17日自性院には七番札所の正覚寺から歴博通りを南に下って歩いていると赤いのぼり旗があり、そばにあった石段を上ると自性院の山門が見えました。山門から参道を歩いて本堂を目指しますが、途中に修行大師像があり、自性院が真言宗のお寺であると認識しました。開帳塔婆に触れ、本堂に上がると中央に薬師如来立像が祀られていました。薬師様はライトアップされており、まさに御開帳中の主人公という感じでした...

    記事を読む

  • 2010/04/18都筑橘樹薬師霊場

    訪問日:平成22年4月17日横浜市営地下鉄センター南駅から歩いていきました。山門から見る境内の雰囲気はとても良く、本堂へ続く長い参道は歩いていても気持ちよかったです。本堂に着くと中央ではなく、向かって左側に開帳塔婆が立っていました。ということは薬師如来像は左壇に祀られているということですね。山門から見た境内本堂左に立つ開帳塔婆お堂に上がるとまずは中央壇からお参りです。厨子の扉が閉じられ、仏様を直接拝観...

    記事を読む

都筑橘樹十二薬師如来霊場 一番・蓮華寺

訪問日:平成22年4月17日
横浜市営地下鉄新羽駅から歩いていきました。途中に杉山神社がありましたので、立ち寄ると、新羽の総鎮守だそうです。



途中にもう一つ、光明寺というお寺もありました。大きなお寺で、武相不動尊の札所だそうで、今度の酉年には必ず、武相不動霊場を巡ろうと思います。

光明寺から少し歩くと赤いのぼり旗が見え、蓮華寺に到着しました。入口から続く参道の先にお堂が見えたのでそこで御開帳をしていると思い、参道を歩いていると途中に開帳塔婆があり、薬師堂もありました。



薬師堂は小さなお堂で、中央に厨子の中に入った薬師如来立像、脇に厨子に入った十二神将像が安置されていました。薬師如来像は外見からは古い像のように見えました。

御朱印を頂いていると団体のバスが到着し、添乗員が「30人分、御朱印お願いします」とお堂の中に入ってきました。団体の方がどのようなお参りをするか見たかったのですが、堂内に入りきれない人もいたので、そこで蓮華寺を後にしました。
タグ

都筑橘樹十二薬師如来霊場 八番・自性院

訪問日:平成22年4月17日
自性院には七番札所の正覚寺から歴博通りを南に下って歩いていると赤いのぼり旗があり、そばにあった石段を上ると自性院の山門が見えました。



山門から参道を歩いて本堂を目指しますが、途中に修行大師像があり、自性院が真言宗のお寺であると認識しました。

開帳塔婆に触れ、本堂に上がると中央に薬師如来立像が祀られていました。薬師様はライトアップされており、まさに御開帳中の主人公という感じでした。

一方、その主人公の薬師如来像の後ろに隠れたように祀られている仏様がいました。正面からは見えませんので横に移動すると、お不動さんでした。本来は御本尊である不動明王像が主人公でしょうが、御開帳期間だけは完全に薬師如来像が主人公でした。


タグ

都筑橘樹十二薬師如来霊場 七番・正覚寺

訪問日:平成22年4月17日
横浜市営地下鉄センター南駅から歩いていきました。山門から見る境内の雰囲気はとても良く、本堂へ続く長い参道は歩いていても気持ちよかったです。

本堂に着くと中央ではなく、向かって左側に開帳塔婆が立っていました。ということは薬師如来像は左壇に祀られているということですね。


山門から見た境内


本堂左に立つ開帳塔婆

お堂に上がるとまずは中央壇からお参りです。厨子の扉が閉じられ、仏様を直接拝観することはできませんでしたが、御真言から虚空蔵菩薩だと分かりました。脇には、伝教大師像と天台大師像が祀られていました。

左壇に移動すると厨子の中に薬師如来立像、そのそばに小さな日光、月光菩薩像、十二神将像が祀られていました。薬師像の両脇には共に不動明王像が祀られていました。

御朱印を頂いた後にお寺の方に「虚空蔵菩薩は御開帳されないのですか」と尋ねると、秘仏で公開はされないのだそうです。
また、京都の渡月橋の近くに法輪寺という虚空蔵菩薩を祀るお寺があり、京都の人は十三歳になると法輪寺に十三参りをする習慣があるそうです。よって、子どもの頃に法輪寺に十三参りをして、大人になって横浜近辺に住むようになった人が自分の子どもが十三歳になった時に正覚寺にお参りに来ることもあるそうです。

正覚寺は境内の雰囲気も古刹らしく良い感じで、お寺の方から虚空蔵菩薩の話を聞けて、良いお参りとなりました。
タグ
Copyright © 霊場巡りの旅(旧)ブログ All Rights Reserved.