2010年04月の記事一覧

元霊場巡り旅ブログのブログです。

月別アーカイブ:2010年04月

  • 2010/04/14稲毛薬師霊場

    訪問日:平成22年4月11日六番札所の興禅寺の近くにあります。車に乗って移動したと思ったら、すぐに到着しました。本堂は閉まっており、お堂の前に開帳塔婆もありませんでしたので、お薬師さんがいらっしゃるのは本堂ではないと思い、境内を歩いていると赤いのぼり旗がありましたので、そちらの方に歩きました。薬師堂への参道には小さいながらも仁王門があり、石像の仁王さんがいらっしゃいました。石段を上ると薬師堂があり、お...

    記事を読む

  • 2010/04/14稲毛薬師霊場

    訪問日:平成22年4月11日お寺に到着すると横浜七福神と書かれた看板があり、参道に福禄寿の石像が祀られていました。参道の先には仁王門があり、仁王門をくぐって境内に入りました。本堂では法事がおこなわれておりましたが、左側を見ると多宝塔(薬王殿)があり、そこに開帳塔婆が立っていましたので、そちらに行きました。堂内を拝観すると中央に薬師如来像が祀られていましたが、よく見ると向かって右側の如来像も結縁綱とつな...

    記事を読む

稲毛七薬師霊場 一番・塩谷寺

訪問日:平成22年4月11日
六番札所の興禅寺の近くにあります。車に乗って移動したと思ったら、すぐに到着しました。

本堂は閉まっており、お堂の前に開帳塔婆もありませんでしたので、お薬師さんがいらっしゃるのは本堂ではないと思い、境内を歩いていると赤いのぼり旗がありましたので、そちらの方に歩きました。

薬師堂への参道には小さいながらも仁王門があり、石像の仁王さんがいらっしゃいました。石段を上ると薬師堂があり、お堂に上がらせてもらいました。中には、小さな薬師如来像、日光、月光菩薩が祀られていました。また、新しく感じる彩色された十二神将像も祀られていました。

薬師堂で頂いた案内によると
・江戸の昔、港北区から川崎市にかけての一帯を武蔵国稲毛荘と呼んでいたことから「稲毛」の名前がついていると思われます。
とありました。

薬師堂でのお参りが終わった後に本堂に上げて頂き、御本尊の馬頭観音様にお参りをしました。馬頭観音像は準秩父観音霊場の札所本尊で午年に御開帳されるそうです。午年はまだ先ですが、午年の予定が一つ出来ました。
カテゴリ
タグ

稲毛七薬師霊場 六番・興禅寺

訪問日:平成22年4月11日
お寺に到着すると横浜七福神と書かれた看板があり、参道に福禄寿の石像が祀られていました。参道の先には仁王門があり、仁王門をくぐって境内に入りました。

本堂では法事がおこなわれておりましたが、左側を見ると多宝塔(薬王殿)があり、そこに開帳塔婆が立っていましたので、そちらに行きました。

堂内を拝観すると中央に薬師如来像が祀られていましたが、よく見ると向かって右側の如来像も結縁綱とつながっていました。ということは、札所本尊の薬師如来像が二体あるということでしょうか。

日光、月光菩薩も安置されていましたが、それよりもなぜかたくさん安置されていた閻魔像が気になりました。また右側には奪衣婆像もありました。


カテゴリ
タグ
Copyright © 元霊場巡りの旅ブログ All Rights Reserved.