新薬師寺編は前半が十二神将、後半が薬師如来像の紹介でした。

新薬師寺は新しい薬師寺ではなくて、霊験新たかな薬師如来を祀ったお寺という意味であると説明がありました。

新薬師寺の十二神将はやはりカッコイイですね。間違いなく、日本一だと思います。
十二神将は中央アジアの荒野を駆け巡る軍人の格好をしており、特徴的なのは腕の鰭袖(ひれそで)で、袖口を縛り、砂が入ってくるのを防いでいるそうです。十二神将が中央アジアの軍人の格好をしているとは全然思いませんでした。

薬師如来像は体の表面に彩色を施さない素地仕上げで造られたとは知りませんでした。十二神将が派手な色彩だったので、当然、薬師如来像も色彩を施されていたと思っていました。

テレビの映像で薬師如来像の木目の美しさがよく分かりました。新薬師寺を訪れた時にいつも思うことですが、日本一の十二神将に守られている薬師如来は本当に穏和な表情をしていると思います。

番組の最後に金銀のカエルが出てくると思っていましたが、出てこなかったのが残念でした。
カテゴリ
タグ