月刊致知3月号に元宝塚歌劇で現在は女優の貴城けいさんの記事が掲載されていました。貴城さんが宝塚歌劇の現役の時、誰でも目にする場所に一枚の紙が貼り出されたそうです。そこには以下のように書かれていました。

ブスの25箇条

01. 笑顔がない
02. お礼を言わない
03. おいしいと言わない
04. 目が輝いていない
05. 精気がない
06. いつも口がへの字の形がしている
07. 自信がない
08. 希望や信念がない
09. 自分がブスであることを知らない
10. 声が小さくイジケている
11. 自分が最も正しいと信じ込んでいる
12. グチをこぼす
13. 他人をうらむ
14. 責任転嫁がうまい
15. いつも周囲が悪いと思っている
16. 他人にシットする
17. 他人につくさない
18. 他人を信じない
19. 謙虚さがなくゴウマンである
20. 人のアドバイスや忠告を受け入れない
21. なんでもないことにキズつく
22. 悲観的に物事を考える
23. 問題意識を持っていない
24. 存在自体が周囲を暗くする
25. 人生においても仕事においても意欲がない

例えば、この「ブズの25箇条」を読んで、まずは「自分ってどうなんだろう」と振り返ってみることが第一歩ではないかと思います。最初はすべて当てはまっていてもいいのです。「よし、一つずつクリアしていこう」と決意し、実践する。そしてそれを継続した人のみが成功し、必然的に運をつかむ人になるのではないかと思います。

一日でクリアできる人もいれば、十年かかる人もいるでしょう。しかし、自分の歩幅に合わせて、少しずつでも前進していくことが、結果として、その人の人間力となり、魅力となる。そうなれば、運のほうから自分のところへやってくるのではないかと思います。
カテゴリ
タグ