本日、午前中は熊野本宮大社に行きました。バスに乗って本宮大社に向かう時、熊野川を見ることになるのですが、熊野川のエメラルドグリーンの色はとても美しいです。毎回、毎回、見とれてしまいます。

清流(せいりゅう)とは、
水質汚染の少ない、または無い川のこと
を言い、日本三大清流は四万十川、長良川、柿田川だそうです。
一方、熊野川は聖なる川、聖流ではないでしょうか。

午後は平成21年3月に御開帳をしている青岸渡寺をメインに訪れました。青岸渡寺の本堂内にはたくさんの人がいましたが、大混雑というほどではなかったです。

青岸渡寺の御本尊である如意輪観音像は勝手に小さな像を予想していたのですが、非常に大きいそうです。よって、全体像は良く分からず、お顔の部分のみ、なんとか拝観することができました。如意輪観音の特徴であるお顔に当てた手は分かりました。

今日と昨日の二日間の滞在でしたが、今回も熊野訪問はとても有意義なものでした。


タグ