「お客様は神様です」とは、本来の意味から外れ、現在では多くの人々が「お店はお客様のどんな要望にも答え、来店してくれたお客様に満足して頂くこと」というような感じの間違えた意味にとらえています。

よって、サービスを受ける側(客)の方がサービスを提供する側(店)より立場が上という意識を多くの人が無意識に持っています。この考えはお金を持っている者の方が立場が上という考えに繋がっていると思います。
買い手と売り手の立場は当たり前ですが対等です。買い手は売り手に対して、「物を売ってくれてありがとう」、売り手は買い手に対して、「物を買ってくれてありがとう」という気持ちを持つことが重要です。つまり、お互いが感謝の気持ちを持つことです。

最近、モンスター○○というのが増えているそうですが、そのような人は自分はサービスを受ける側なので、サービスを提供する側は自分のどんな要望でも答えるべきだと考えているのだと思います。一人ひとりが心を磨き、そのような考えは間違えているという世の中にしたいものです。
カテゴリ
タグ