2008年07月の記事一覧

元霊場巡り旅ブログのブログです。

月別アーカイブ:2008年07月

  • 2008/07/19関西地方寺社巡り

    近鉄奈良駅から奈良交通バスで円成寺へ。但し、このバスの便は非常に少ないので、必ず事前に時刻を確認しておきましょう。円成寺口というバス停がありますが、忍辱山(にんにくせん)で降りるようバスの案内がありましたので、バス停「忍辱山」で下車し、バスが来た方向に戻るように歩くと円成寺の入口に着きました。円成寺での一番の目的はもちろん、運慶作の国宝・大日如来坐像です。境内に入るとまず大きな池があり、向こう側に...

    記事を読む

  • 2008/07/19美術館、博物館

    三連休を利用して、奈良に来ています。JR奈良駅に着くと、まず国宝法隆寺金堂展の前売入場券を購入しました。通常の観覧料金は1200円ですが前売券は1000円なので、200円、お徳です。前売券を購入すると、バスに乗り、奈良国立博物館へ。今回も奈良大和路フリーきっぷを使用していますので、積極的にバスに乗ります。博物館の入口前には蓮の花が綺麗に咲いていました。法隆寺金堂展に入るとすごい人です。期間が21日までなのと三連...

    記事を読む

円成寺

近鉄奈良駅から奈良交通バスで円成寺へ。但し、このバスの便は非常に少ないので、必ず事前に時刻を確認しておきましょう。円成寺口というバス停がありますが、忍辱山(にんにくせん)で降りるようバスの案内がありましたので、バス停「忍辱山」で下車し、バスが来た方向に戻るように歩くと円成寺の入口に着きました。

円成寺での一番の目的はもちろん、運慶作の国宝・大日如来坐像です。境内に入るとまず大きな池があり、向こう側に楼門が見えました。池には蓮の花が綺麗に咲いており、長時間眺めていても飽きのこない美しさでした。パンフレットによると、浄土式と舟遊式を兼備した寝殿造系庭園だそうです。



受付で拝観料、400円を払うとまず護摩堂へ行きました。護摩ということで、不動明王が祀られており、その脇には弘法大師像と僧形文殊菩薩が祀られていました。僧形文殊菩薩像は法金剛院で拝観した時に耳が大きかったことが強く印象に残っているので、こちらの像もどうなっているか確認しましたが、やはり耳が大きかったです。多くの者の助けを求める声を聞き逃さないように、自然と耳が大きくなったのだと再度、思いました。僧形文殊菩薩像を拝観する時には耳に注目して下さい。

境内には何の花か分かりませんが、綺麗に咲いていました。これからお寺の訪問記を書く場合には境内で目に付いた花の写真を掲載したいと思います。



次に多宝塔へ行きました。一面の扉が開けられており、中が拝観できるようになっていたので、ガラス戸越しに中を拝観しました。中には大日如来像が祀られており、「なかなかりっぱな仏像だ」と思いながら、下のほうに目をやると案内板があり、国宝と書かれていました。それにビックリして、更によく見ると運慶作と書かれていました。お目当ての運慶作の仏像はここに祀られていたのです。私は運慶作の大日如来像は本堂にあるものだとばかり思っていました。



大日如来像と衝撃の出会い(?)をした後、本堂へ行きました。堂内に上がって、自由に拝観できるようになっていました。ご本尊の阿弥陀如来像にまずはお参り。阿弥陀如来像の周りには四天王像が祀られていました。奈良国立博物館で数多くの素晴らしい仏像を拝観しましたが、私はやはりお寺で仏像を拝観する方が好きです。
また本堂の四本の柱には聖衆来迎二十五菩薩の絵図がいくつか残っていました。

本堂を出て、境内を散策すると、春日堂・白山堂や宇賀神本殿などがあり、そちらでお参りをしました。今回、円成寺に初めて訪れましたが、「また来たいな」と思える、良いお寺でした。
タグ

奈良に来ています(国宝法隆寺金堂展)

三連休を利用して、奈良に来ています。
JR奈良駅に着くと、まず国宝法隆寺金堂展の前売入場券を購入しました。通常の観覧料金は1200円ですが前売券は1000円なので、200円、お徳です。前売券を購入すると、バスに乗り、奈良国立博物館へ。今回も奈良大和路フリーきっぷを使用していますので、積極的にバスに乗ります。

博物館の入口前には蓮の花が綺麗に咲いていました。



法隆寺金堂展に入るとすごい人です。期間が21日までなのと三連休なので、多くの人が訪れていたのだと思います。



展示の目玉は四天王像です。四天王像を見ていると、どうしても四天王自身よりも邪鬼に目がいってしまいます。というのも、一般の四天王像に比べて邪鬼が大きく、四天王は邪鬼を踏みつけているというより、邪鬼という乗り物の上に乗っている感じだからです。特に持国天の邪鬼は牛のような顔、増長天の邪鬼は角が生えていますので特徴的でした。

そして次は平常(常設)展へ。実は奈良国立博物館を訪れたのは今回が初めてでしたが、平常展の展示内容にびっくりしました。すごいものがたくさん展示されています。今回は時間の関係で駆け足で見てしまいましたが、今度はじっくり拝観したいです。ちょうど、8月1日から9月28日まで奈良博で「西国三十三所 観音霊場の祈りと美」がありますので、その時にまた訪れようと思います。

博物館から出ると鹿を見るために東大寺の方へ。やはり鹿を見ると奈良に来たという気になります。人間と鹿がうまく共存できている奈良公園周辺は「良い場所だな」と何度訪れても感じます。


タグ
Copyright © 元霊場巡りの旅ブログ All Rights Reserved.