和蔵堂(わくらどう)は、善隆寺という浄土真宗のお寺の境内にあり、テレビ見仏記7のDVDで紹介されています。こちらでは善隆寺のご住職自らが説明をしてくれました。善隆寺の山号は和蔵山、ご住職の名字も和蔵だそうです。

お堂には、十一面観音立像と阿弥陀如来の仏頭が祀られていました。観音様は約一メートルで、檜の一木づくりだそうです。阿弥陀如来仏頭は約60センチで、最初から頭だけ作られたのかはよく分からないそうです。

こちらで目に付くのは仏像の周りに置かれた防虫剤。テレビ見仏記の中でいとうせいこうが「効かないのでは」と言っていましたが、ご住職も効き目はないと言っていました。
カテゴリ
タグ